固定資産管理システム シサンM7


イルテックス

Keyノート

  • 基本情報
  • 固定資産管理システム シサンM7の特長
  • 固定資産管理システム シサンM7のスペック

固定資産管理システム シサンM7

掲載日:2012/10/31
更新日:2013/07/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
税制改正に対応し、かつ会計基準やIFRSに対応する本格パッケージであって、なお手軽な運用を実現したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 財務会計機能を主体に、マルチスタンダードに対応した固定資産管理システム。平成10/11/12/19/20/23年の各税制改正や市町村統廃合などに無償でバージョンアップ対応。
価格情報 1ライセンス36万円〜(税別)
サポートエリア 全国


特長


固定資産管理

一括変更機能満載の高効率製品。数万件の資産も“片手間で処理”


■償却要素の一括変更機能:一括登録機能
IFRS対応により定額法への一斉変更機能など、ユーザ操作工数を低減する便利機能を搭載。取得/移動/除売却も月次一括処理が可能。

■安心の月次会計処理をサポート:自動補正伝票出力機能
月次償却額の会計登録及び四半期開示資産残高の保持を前提に、間違い登録や期中変更による償却伝票の遡及修正情報を自動で出力。“お任せ”が可能となった安心設計。

■データ登録の整合性・統一性の確保
データ登録の整合性と統一性を確保するためのテンプレートマスタが特長。特定の資産に対する会社独自償却基準と、法定限度額基準を同時に設定でき、複雑な償却でも一度の操作によって簡単登録が可能。税法限度額との差額は繰越され自動認容される。

■専用運用/専用伝票/専用機能のカスタマイズが容易
パッケージ製品ながらカスタマイズが容易という特長がある。会計伝票連携/独自計算ルール/専用帳票といったユーザの独自要請に対応したソリューション事例が豊富。更にカスタマイズシステムであっても標準版同様、継続保守が可能なため、担当者や業務フローの変更などにおける継続性維持をローコストで実現する。

■市町村統廃合/新基準制定/組織改正などに対応するサポート体制
償却資産税申告における市町村統廃合などは全国市町村マスタをILTEXが自動更新。更に、新基準や新制度に対応するソフトウェアライセンスの更新、データの一斉変更、また組織改正によるマスタ及びデータの一斉変更など、資産法規の専門家の手によるメンテナンス・サービスが継続される。

■関係基準や法規などに関する解説指導
税法/消費税法/会社法/会計基準/財務諸表規則/IFRSなど、多岐にわたる各規定の詳細に詳しいコンサルタントの解説も得ることができる税務調査、会計監査における調査要請、資料作成要請などにも即答し、正確な認識と最少コストによる遵法方法のアドバイスが得られる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 固定資産管理システム シサンM7
メーカー イルテックス
クライアント側OS Windows 2000/XP/2003/Vista/7
クライアント側対応プロセッサ 1GHz 以上
クライアント側必要メモリ容量 128MB 以上
クライアント側必要ディスク容量 1GB 以上
クライアント側その他動作環境 Microsoft Office 2000/2002/2003/2007/2010
サーバ側OS Windows Server 2003/2008
サーバ側対応プロセッサ 1GHz 以上
サーバ側必要メモリ容量 128MB 以上
サーバ側必要ディスク容量 1GB 以上
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 ■シサンM7の多彩な計算機能
管理基準計算、財務基準計算、税法限度額計算、定率(旧定率、250%定率、200%定率)、定額(旧定額、定額)、5%5年均等償却、均等償却(年、月)、少額一括償却資産3年均等償却、即時償却、非償却、販売基準償却、有期限償却、残存価額の任意設定、簿外資産登録、圧縮記帳、特別償却、増加償却

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社イルテックス
部署名:ユーザーウェア事業部
住所:〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-14-22 用賀中央ビル3F
TEL:03-3707-6020
FAX:03-3707-4498
e-mail:office@iltex.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022376


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ