DocAve for SharePoint


AvePoint Japan

Keyノート

  • 基本情報
  • DocAve for SharePointの特長
  • DocAve for SharePointのスペック

DocAve for SharePoint

掲載日:2012/10/16
更新日:2015/11/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
SharePoint導入を検討中、または現在利用中の組織。移行、運用管理の負荷軽減、IT統制強化・利活用促進に取り組むIT管理者。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 SharePoint運用管理ソフトウェア。移行・データ保護・外部連携・ストレージ最適化・レポートを行える。世界1万4000社以上で導入。Office 365 - SharePoint Onlineにも対応。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


運用管理強化

【IT管理者の必需品】SharePoint の運用管理基盤をパワーアップ


DocAve for SharePointは、SharePointに特化したインフラ運用管理ソリューションを提供するソフトウェア。IBM Notesをはじめとする16の既存環境からSharePointへの移行を簡素化。また、SharePoint環境での運用管理・データ保護・外部連携・ストレージ最適化・レポートなどを備えた製品群を提供する。汎用性が高く、幅広い機能を持つSharePointを自組織の用途に合った柔軟な運用管理を可能にする。

既存のコンテンツをシームレスに SharePoint へ移行
DocAve for SharePointは、シームレスで完全マッピング対応可能なコンテンツ移行を実現。16の既存システムからSharePointへ企業レベルでの移行を可能にし、所要時間と労力を最小限に抑え、管理者の負担を大幅に軽減する。Office365 - SharePoint Onlineへのダイレクト移行も可能だ。

クラウド、ハイブリッド、オンプレミス環境への柔軟な対応
Office 365・Windows Azureなどのパブリック・プライベートクラウド・オンプレミス(複数拠点、開発/テスト/本番環境)など幅広いシーンの利用を実現する。

SharePoint 管理者の様々なニーズ対応
情報共有システムとして使うために SharePointを導入したものの、多すぎる機能や自由すぎるカスタマイズ性のために 「どうやって使いこなせばいいのか分からない」 など、以下のようなT管理者の悩みに対応する。

・多すぎる情報量のせいで、SharePointのパフォーマンスが低下するのを防ぎたい
・ユーザにSharePointサイトを自動的に管理してほしいが、コントロールも効かせたい
・エンドユーザにSharePointを活用してもらえない
・組織内のコラボレーションを促進し、SharePointでの情報共有を活性化したい

※SharePointの導入・活用を進める際に組織が直面しやすい5つの悩みとその対処方法をまとめた「SharePoint サバイバル ガイド」をAvePointのウェブサイトにてダウンロード可能。




このページの先頭へ

スペック

製品名 DocAve for SharePoint
メーカー AvePoint Japan
クライアント側OS Silverlight Version 5.0以降、Internet Explorer 8以降、Google Chrome 45.0より前、Mozilla Firefox 33.0の動作する環境 
クライアント側対応プロセッサ Windows Vista以降、及びInternet Explorer 8以降の動作する環境
クライアント側必要メモリ容量 Windows Vista以降、及びInternet Explorer 8以降の動作する環境
クライアント側必要ディスク容量 Windows Vista以降、及びInternet Explorer 8以降の動作する環境
クライアント側その他動作環境 Windows Vista以降、及びInternet Explorer 8以降の動作する環境
サーバ側OS Windows Server 2003/2003 R2/2008/2008 R2/ 2008 R2 SP1 Server
Core/2012/2012 R2/2012 Server Core/ 2012 R2 Server Core
サーバ側対応プロセッサ デュアルコアCPU以上(Intel Core 2 Duoクラス、もしくはIntel Xeonクラス同等のCPUを推奨)
サーバ側必要メモリ容量 10GB以上推奨
サーバ側必要ディスク容量 85GB以上推奨
サーバ側その他動作環境 Office SharePoint Services 2007
Windows SharePoint Services 3.0
SharePoint Server 2010
SharePoint Foundation 2010
SharePoint Server 2013
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


AvePoint Japan株式会社
部署名:営業部
住所:〒108-0074 東京都港区高輪 4-10-18 京急第一ビル 11 階
TEL:03-6853-6300
FAX:03-6853-6304
e-mail:SalesJP@avepoint.com


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022316


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ