USBメモリからの情報漏洩対策と活用ソリューション


USBメモリからの情報漏洩対策と活用ソリューション


メトロ

Keyノート

  • 基本情報
  • USBメモリからの情報漏洩対策と活用ソリューションの特長
  • USBメモリからの情報漏洩対策と活用ソリューションのスペック

USBメモリからの情報漏洩対策と活用ソリューション

掲載日:2012/09/28
更新日:2015/06/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
私物USBメモリの利用禁止や制限をしたい、USBメモリの丸ごと暗号化により持ち出しデータの情報漏洩対策を行いたい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 USBメモリのセキュリティ対策に必要な3つの機能(デバイス制御、メディアの丸ごと暗号、操作ログ)を提供。USBメモリの個体番号を登録せずに情報漏洩対策ができる。
価格情報 E80 1ライセンス:1万4300円(税別)
サポートエリア 全国


特長


漏洩防止

外部メディアからの情報漏洩対策:Media Encryptionの活用効果


外部メディアの情報漏洩対策に必要な3つの機能を本製品のみで提供。
Endpoint Security Media Encryption(以下、ME)なら、1.汎用USBメモリの丸ごと暗号化2.デバイス制御で私物USBメモリを利用制限3.書き出しファイル名もログ回収可能なため社内に存在する重要データを監視・監査することが可能。
企業で利用する外部メディアの利便性を損なうことなく、安全に利用できる環境を実現する。

●導入コストを削減する暗号化活用
MEは安価な汎用USBメモリを丸ごと暗号化フォーマットして利用可能。高価なセキュアUSBメモリを購入せずに、コストを抑えながらUSBメモリからの盗難・紛失時の情報漏洩対策を実施できる。MEで暗号化したUSBメモリは、自宅や社外などMEがインストールされていないPCでも活用できるため、USBメモリを安全に活用可能。
汎用USBメモリのほか、CD-R/RW、DVD-R/RWも丸ごと暗号化できる。  

●運用コストを削減するデバイス制御活用
面倒なUSBメモリの管理なしで私物制限できる。「会社支給のUSBメモリを使わせたい」という場合、従来は面倒なUSBメモリの個体番号の登録作業が必要だった。その点MEなら、暗号化したUSBメモリだけ利用許可。USBメモリの初回登録作業や、登録後の個体番号管理などメンテナンス作業も不要である。管理者の負担をかけずに、簡単に私物USBメモリを利用制限できる。  

●監査対策に有効なログ活用
USBメモリに書き出したファイル名ログを一元管理できる。 また、USBメモリなど外部メディアへコピーしたファイル名の取得が可能。ユーザID(誰が)、時刻(いつ)、どのPCで、どのファイルを、どのUSBメモリに、といったログも収集できるため、監査対策に有効なログとして活用できる。更に社外でのファイル操作ログも取得可能。ME未導入のPCで、MEで暗号化したUSBメモリからファイルを取り出した際も、USBメモリ内にログが残り、MEクライアントに接続するとログがMEサーバに回収される。  

このページの先頭へ

スペック

製品名 Endpoint Security Media Encryption
メーカー Check Point Software Technologies
クライアント側OS Windows Vista Professinal/Enterprise SP1以上
Windows 7 Ultimate/Professinal/Enterprise SPなし/SP1
Windows 8/8.1 Pro/Enterprise SPなし/Update 1(8.1のみ)
クライアント側対応プロセッサ OSの動作要件に準ずる
クライアント側必要メモリ容量 1GB以上
クライアント側必要ディスク容量 1GB以上
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2003(すべてのエディション)SP1/SP2 32bit
Windwos Server 2008(すべてのエディション)SP1/SP2 32bit/64bit
Windwos Server 2008 R2(すべてのエディション)SP1 64bit
サーバ側対応プロセッサ Intel Pentium E2140 または同等の2GHz以上のプロセッサ
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上
サーバ側必要ディスク容量 10GB以上
(保存するログデータにより必要なHDDの容量は変わります)
サーバ側その他動作環境 Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社メトロ
部署名:ITインフラサービス営業部
住所:東京都港区芝浦4-6-8
TEL:03-5484-1022
FAX:03-5484-1016
e-mail:endpoint@tokyo.metro.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022240


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ