Knova


コンソナ・ジャパン

Keyノート

  • 基本情報
  • Knovaの特長
  • Knovaのスペック

Knova

掲載日:2012/09/28
更新日:2014/01/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
顧客サポート組織において、ナレッジを効率的に管理/活用したい企業。サポート担当者へのスキル依存から脱却したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 顧客サポートに必要な機能を1つに統合したCRMソリューション。ナレッジの作成、検索、分析の機能をあわせ持ち、情報の有効利用を促進する。
価格情報 1CPUライセンス:250万円(税別)〜
サポートエリア 全国


特長


ナレッジ活用

サポート業務をよりパワフルに!ナレッジの効果的な活用を実現


Knovaは問題報告、FAQ、Wiki、リリースノート、参考文献など、日々増加するナレッジリストを効果的に活用するためのスイート製品。サポート担当者と顧客のそれぞれに向けたソリューションを同時に提供することで、孤立しがちなナレッジを統合。すべての利用者に必要な機能をワンストップで提供する。
ナレッジに基づいた顧客対応を行うことで属人的な体制からの脱却が実現し、サポートの質の向上と均質化が図れる。


サポート担当者向けの問題解決機能を1つの画面に統合
サポート担当者に負担を強いずにナレッジを収集し、更に、検出、メンテナンス、共有する仕組みを提供。
ナレッジベースのコンテンツ、サポートフォーラム、各種のドキュメント、その他の関連コンテンツの検索結果など、必要なツールと情報を1つの画面にまとめ、生産性を向上させた。問題解決フローとウィザードによって、共通する問題の処理を最適化できる。

サポート担当者が、素早く的確にナレッジを検索できる 
報告された問題や顧客からの問い合わせ(インシデント)、関連ナレッジは一体型ワークフローに収集される。蓄積されたナレッジを共有するためにフォーラムが用意されており、書き込みもナレッジ化。収集されたナレッジは自然言語解析とガイド付き検索により、素早く検索することが可能。

FAQ、マイページなど、顧客向けセルフサービス機能の充実 
顧客自身による問題解決をサポートするセルフサービス機能が充実している。「よくある問題」解決のためのウィザード機能、サポートセンタへのエスカレーション、簡単に設定できるマイページ機能など、購入製品、嗜好、顧客区分をベースに顧客個人に合わせたサービスを提供できる。

このページの先頭へ

スペック

製品名 Knova
メーカー コンソナ・ジャパン
クライアント側OS Windows XP(SP3)以上
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 IE7以上、Firefox V3.6以上
サーバ側OS Windows 2008 Server Standard以上(32bit/64bit)
サーバ側対応プロセッサ 2 x Dual Core以上
サーバ側必要メモリ容量 4GB以上
サーバ側必要ディスク容量 4GB以上
サーバ側その他動作環境 Microsoft SQL Server 2008 Standard以上
J2SE SDK 1.6.0_25 32bit
Apache Tomcat 6.0.32 32bit
Teracotta 3.4.0以上
Microsoft Visual C++ Redistributable Package
Micorosoft Office 2003(SP2) / 2007
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


コンソナ・ジャパン株式会社
住所:東京都中央区八重洲2-8-8 大星八重洲ビル6F
TEL:03-3275-5080
FAX:03-3241-1170
e-mail:info-japan@consona.com


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022188


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ