Nintex Workflow 2010


リアルコム

Keyノート

  • 基本情報
  • Nintex Workflow 2010の特長
  • Nintex Workflow 2010のスペック

Nintex Workflow 2010

掲載日:2012/09/28


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
SharePoint 2010のワークフロー機能強化・機能拡張をしたい企業、ワークフローアドオン製品の導入を検討中の企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 SharePoint Server 2010 / SharePoint Foundation 2010にネイティブ対応し、ワークフロー機能を強化するアドオン製品。直感的な操作性と高い機能拡張性を備えている。
価格情報 参考価格:
1サーバライセンス・保守・導入サービス含め340万円〜(税別)
サポートエリア 全国


特長


ワークフロー

高い操作性と拡張性を備えたSharePointワークフロー設計ツール


Nintex Workflowは、SharePointワークフローのロジックを設計するツール。SharePointとの親和性が高く、直感的にワークフロー作成ができる使いやすさと高い拡張性が特長。
SharePointアドオンワークフローとして、既に90ヵ国以上3000社に導入されている実績がある。

<主な特長>

●直感的な操作性
SharePoint上でワークフローデザイナーを利用できるため、ユーザはブラウザベースでワークフローの作成が可能。専用モデリングツールの購入・利用は不要だ。ドラッグ&ドロップで直感的にワークフローが作成可能で、視覚的にもロジックをひと目で把握することができる。開発者でなくても簡単に短時間でワークフロー作成が可能なため、開発生産性の向上に貢献。使い方が簡単なので、ワークフロー設計者のトレーニングにかかる手間を削減し、短期間のうちに立ち上げることができる。

●多用途に利用できる高い機能拡張性
用意されている様々なワークフローアクションを組み合わせて、要件に応じてシンプルなワークフローからシステム連携を行う複雑なワークフローまで、設定レベルで作成が可能。システム連携を行うアクションも数多く用意されており、業務間のシステム連携を支援し、業務全体での生産性向上を実現する。

●SharePointとの高い親和性
SharePoint 2010 標準のWindows Workflow Foundationをワークフローエンジンとして利用しているため、別途ハードウェアやソフトウェアを用意する必要がなく、SharePointにアドオンするだけですぐに使い始められる。


ブラウザ上でワークフローデザインが可能

ブラウザ上でワークフローデザインが可能
このページの先頭へ

スペック

製品名 Nintex Workflow 2010
メーカー Nintex
クライアント側OS Internet Explorer 8を推奨、Internet Explorer7.x以上
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS ・Windows Server 2008 または2008 R2
・Microsoft SharePoint Server 2010 または
 Microsoft SharePoint Foundation 2010
・SQL Server 2005 または 2008
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


リアルコム株式会社
部署名:事業開発グループ
住所:東京都品川区東品川2-2-4天王洲ファーストタワー5階
TEL:03-6864-4001
FAX:03-6864-4002
e-mail:info@realcom-inc.com


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022168


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ