流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 基幹系システム > ERP > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
製品レポートの使い方

流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>


日立ビジネスソリューション

Keyレポ

  • 基本情報
  • 流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>の特長
  • 流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>のケーススタディ
  • 流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>のスペック

流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>

掲載日:2012/09/28

企業規模 中堅企業・中小企業 向け
オススメ
ユーザ
基幹業務を効率的に進めるため、モバイル活用を検討中の企業。取引先などから流通BMSへの対応を要望されている流通卸売企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 流通卸売業に特化した基幹業務パッケージ。Webベースのアプリケーションで、タブレットなどのモバイル端末にも標準対応。流通BMSなどのEDIインターフェースに標準対応。
価格情報 価格は会員限定の情報となります。
会員登録(無料)
サポート
エリア
全国

会員限定で「流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>」の続きが読めます

流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>」の製品特長、価格、スペックを紹介。
会員限定情報として、「流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>」では、以下の内容を紹介しています。

INDEX

PDFで早分かり≫ 流通卸売業に特化した業務パッケージが新登場!

流通BMS導入の波が、中堅・中小の卸売会社へも…。

特長

特長 1:タブレットでも、パソコンでも、直感的な操作が可能!

特長 2:タブレットの活用で、現場と基幹システムがセキュアにつながる!

特長 3:在庫管理機能を強化!大量の取引でも自動発注でミス削減!

特長 4:経営分析(BI)ツールとの連携で、帳票作成も驚くほど簡単に!

ケーススタディ

CASE 1:タブレット/モバイルの活用を検討する企業のケース

CASE 2:EDIシステムのリプレースを検討する企業のケース

続きを読むには・・・

会員登録すると、「流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>」の資料請求が簡単に!さらに価格情報が掲載され、「流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>」を入れた比較表も作れる!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

オープンソース クラウドERP Odoo(オドゥー) 【Pro-SPIRE】 Infor SyteLine 【日立システムズ】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】
ERP ERP ERP
世界100カ国以上、5万社以上の企業が利用するクラウドERP。通常のERPではサポートされていない機能も網羅しており、改修コストを掛けずに、ユーザー自身が機能追加できる。 世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「流通卸売業向け業務パッケージ 快作ビジネス+<流通卸売業向け>」の記事の続きがお読みいただけます。


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022156


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ