AppDirector OnDemand Switch


日本ラドウェア

Keyノート

  • 基本情報
  • AppDirector OnDemand Switchの特長
  • AppDirector OnDemand Switchのスペック

AppDirector OnDemand Switch

掲載日:2012/08/15
更新日:2015/08/21


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ERPやCRM、Webサーバなどへのアクセス増加の対策としてサーバ負荷分散装置をご検討の方。ASP・SaaS事業者、インテグレータの方。
製品形態 ハードウェア
製品概要 ソフトウェア・ライセンス方式により、簡単にスループットとサービスを拡張できるL4〜7対応ロードバランサ。ディザスタリカバリ環境の構築にも最適。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


優れた拡張性

運用の手間をかけず、パフォーマンスを拡張できるロードバランサ


「AppDirector OnDemand Switch」は、同一サイト内や地理的に離れたサイト間に設置されたWebサーバなどの負荷分散を行うロードバランサ。新プラットフォームの採用により、従来製品と比べ、2.5倍以上のトランザクション処理能力を持つ。

■ソフトウェア・ライセンス方式によるスループットの拡張性
本製品はソフトウェア・ライセンス方式を採用することで、段階的なスループットの拡張が可能。これにより、小さい投資から始めて、ビジネスの成長とともにパフォーマンスを改善していける。スループット拡張時には大掛かりなアップグレード作業は不要。ハードウェアを取り替える必要がないため、サービスを停止することなく拡張できる。また、操作コマンドなどの管理手法を継続的に統一できるため、運用の簡素化も実現する。

■サービスの拡張性
ライセンスの追加で、パフォーマンスに影響を与えることなく、以下のサービスを付加できる。
・アプリケーション・パフォーマンス管理機能
・帯域管理機能
・IPS機能とDoS防御機能
・グローバル負荷分散機能

■ディザスタリカバリ環境の構築に
複数のロケーションにまたがるサイトをコントロールするグローバルトラフィック制御では、「近接性チェック」などの独自の技術(特許取得)を搭載。ディザスタリカバリソリューションなどの構築に有用な機能だ。

■レイヤ7対応でWebサイトの管理・運用の幅が広がる

「AppDirector OnDemand Switch」は、レイヤ7対応の高速アプリケーションスイッチングを実現。例えば、「携帯電話」や「PC」のパケットを自動的に認識し、それぞれに適したURLにスイッチすることが可能。また、クッキーインサートやクッキーリライト機能を搭載することで、会員制サイトやWeb通販など、多様なサイトの管理・運用に貢献する。

■IPv6に対応
IPv6環境におけるレイヤ7負荷分散に対応。IPv6対応製品間の相互接続性を確認したIPv6 Readyロゴも取得済み。




このページの先頭へ

スペック

製品名 AppDirector (OnDemand Switch : ODS)
メーカー 日本ラドウェア
寸法 【OnDemand Switch VL】424(幅)×457(奥行)×44(1U)(高さ)mm
【OnDemand Switch 2】424(幅)×600(奥行)×44(1U)/88(2U)(高さ)mm
【OnDemand Switch 3】424(幅)×600(奥行)×88(2U)(高さ)mm
質量 ODS VL 7.6kg
ODS 2  9.7kg(1U) / 13.2kg(2U)
ODS 3  15.0kg
電源 AC:90V〜264V、DC:-36V〜-72V、周波数:47Hz〜63Hz
筐体タイプ 【OnDemand Switch VL】1Uラックマウントタイプ
【OnDemand Switch 2】1Uラックマウントタイプ(電源二重化モデルは2U)
【OnDemand Switch 3】2Uラックマウントタイプ
対応レイヤー レイヤ4〜7
プロセッサ 【OnDemand Switch VL】Intel Core 2 quad-core 2.6GHz
【OnDemand Switch 2】AMD Opteron dual-core 2.6GHz
【OnDemand Switch 3】2 x AMD Shanghai quad-core 2.5GHz
メモリ容量 【OnDemand Switch VL】最大8GB
【OnDemand Switch 2】最大4GB
【OnDemand Switch 3】最大32GB
内蔵HDD -
対応プロトコル OSPF/RIP/RIP II
スループット ※その他特記事項参照
LANインターフェース ODS VL 10/100/1000 Copperポート×6、GE(SFP)ポート×2
ODS 2  10/100/1000 Copperポートx12、GE(SFP)ポートx4
ODS 3  10/100/1000 Copperポートx8、GE(SFP)ポートx4、10GE(XFP)ポートx4
その他特記事項 ・スループット
ODS VL
AppDirector 108:最大 100Mbps
AppDirector 208:最大 200Mbps
AppDirector 508:最大 500Mbps
AppDirector 1008:最大 1Gbps
AppDirector 2008:最大 2Gbps
AppDirector 4008:最大 4Gbps

ODS 2
AppDirector 1016:最大 1Gbps
AppDirector 2016:最大 2Gbps
AppDirector 4016:最大 4Gbps

ODS 3
AppDirector 8016:最大 8Gbps
AppDirector 12016:最大 12Gbps
AppDirector 16016:最大 16Gbps
AppDirector 20016:最大 20Gbps

・IPv6対応(IPv6 Readyロゴ取得済み)
・ハードウェアによるSSLアクセラレーション対応モデルあり(ODS XL)
・その他ライセンスによる各種オプションあり

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


日本ラドウェア株式会社
部署名:営業部
住所:〒153-0064東京都目黒区下目黒1-8-1アルコタワー9F
TEL:03-5437-2372
FAX:03-5437-8288
e-mail:sales@radware.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10021938


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ