Biz∫SCAW 製番管理システム


NTTデータ関西

Keyノート

  • 基本情報
  • Biz∫SCAW 製番管理システムの特長
  • Biz∫SCAW 製番管理システムのスペック

Biz∫SCAW 製番管理システム

掲載日:2012/08/01
更新日:2014/06/15


企業規模 中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
個別受注生産型製造業や見込み生産から受注生産比率が増加傾向にある組立加工型製造業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 個別受注生産を行う製造業に特化し、見積、受注、生産、出荷、売上、原価、アフターサポート、財務会計に至るまでの一連のプロセスを管理する統合ERPソリューション。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


製番管理

個別受注生産に特化、豊富な機能で業務の見える化を実現


「Biz∫SCAW 製番管理システム」は、受注生産型製造業に特化した統合ERPソリューション。製番別のストラクチャ型部品表をコアに、進捗や原価の予実管理の徹底と製品ライフサイクル全般の管理により、引合見積、受注、生産、出荷、売上、原価、アフターメンテナンス、会計に至る基幹業務プロセスの「見える化」を実現し、企業の変革を強力にサポートする。 

●ストラクチャ型部品表を核とした予実管理の実現
製番別のストラクチャ型部品表をコアにすることで、受注単位や製番単位で手配や作業の進捗予実と原価予実をリアルタイムに共有し、経営の見える化をサポートする。

●製品ライフサイクル全般をサポート
案件の引合発生を管理起点に見積、受注、設計、製造、納品、アフターメンテナンスに至るまで受注生産のライフサイクル全般をサポート。既存の顧客を長期にわたって囲い込むことができ、情報の属人化防止にもつながる。

◆多言語、多通貨対応によるグローバル展開を実現
グローバルレベルでのシステム統合や海外拠点への単独導入も可能。  
◆リッチクライアント方式による完全WEB対応
WEB対応により、クライアント環境に依存しない容易なシステム導入が可能。  
◆ユーザフレンドリーな操作性を実現
使いやすい操作性とデスクトップツールとの親和性により、現場のデータ活用を推進。
◆スケジューラ機能によるガントチャート表示と負荷シミュレーション(オプション)
作業予定と負荷をビジュアルに表示し、シミュレーションできる環境を提供。




このページの先頭へ

スペック

製品名 Biz∫SCAW 製番管理システム
メーカー NTTデータ関西
クライアント側OS Windows XP Professional SP2以降(32bit)
Windows Vista(32bit)
Windows 7(32bit/64bit)
クライアント側対応プロセッサ Intel Pentium 4以上
クライアント側必要メモリ容量 Windows XP:512MB以上(1GB以上推奨)
Windows Vista/7:1GB以上(2GB以上推奨)
クライアント側必要ディスク容量 500MB以上
クライアント側その他動作環境 モニタ解像度:1024×768以上
.Net Framework 2.0 SP1以上(Windows XPのみ別途インストール要)
Adobe Reader 8.0以上
サーバ側OS Windows Server 2003 R2 SP2以上(32bit)
Windows Server 2008(32bit/64bit)
Windows Server 2008 R2(64bit)
サーバ側対応プロセッサ Intel Pentium 4以上
サーバ側必要メモリ容量 1GB以上
サーバ側必要ディスク容量 10GB以上
サーバ側その他動作環境 ・Oracle JDK 6 update 23以降
・Apache Tomcat 6.0
・Apache 2.2(32bit環境のみ)またはIIS
・SVF for PDF 9.0
【対応データベース】
・Oracle 10gR2、11g、11gR2
その他特記事項 多言語化対応のため、データベースキャラクタセットはAL32UTF8にのみ対応

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社NTTデータ関西
住所:〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島3-1-21 NTTDATA堂島ビル


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10021806


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ