モバイル対応・HD画像ビデオ会議【LifeSize ClearSea】


モバイル対応・HD画像ビデオ会議【LifeSize ClearSea】


ライフサイズ・コミュニケーションズ (株式会社ロジクール内)

Keyノート

  • 基本情報
  • モバイル対応・HD画像ビデオ会議【LifeSize ClearSea】の特長
  • モバイル対応・HD画像ビデオ会議【LifeSize ClearSea】のスペック

モバイル対応・HD画像ビデオ会議【LifeSize ClearSea】

掲載日:2012/06/29
更新日:2014/06/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
社内にある様々なモバイルデバイスによるHD画像ビデオ会議を行うことで、コミュニケーションの質を向上させたい企業。
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
デスクトップ・モバイルPC、タブレット端末、スマホなど、様々なデバイスでHD画像によるビデオ会議が行えるソリューション。多拠点での会議にも適し、導入や管理も容易。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


モバイル対応

時間・場所・回線を問わずに、HDビデオ会議を活用したいなら…


LifeSize ClearSeaは、デスクトップ、ノートPCはもちろん、スマートフォンやタブレット端末など様々なデバイスで活用できる、HDビデオ会議ソリューション。時間や場所、デバイスに制限されず、効率的な会議運用に貢献する。

●フルHDによるビデオ会議
フル HD(1080p)の高画質でビデオ会議を提供。
また、HD ビデオ会議を数百人、数千人規模で利用することを前提に設計されているので、大きな企業でも導入が容易。
柔軟性と相互接続性に優れ、デスクトップからでもモバイル機器からでも、簡単にビデオ会議に参加できる。

●スマホ、タブレット(スレートPC)…多彩なモバイル端末に対応
Windows OSやMac OS Xに対応するほか、AndroidやiOSなどを搭載したスマートフォンやタブレット端末にも対応。コミュニケーションの幅を更に広げる。Windows/Macクライアントのローカルに会議録画可能。

●多くの拠点間でビデオ会議が可能
26地点までのフルHD多地点会議をサポート(話者切り替え)する。全国各地に多くの拠点やフランチャイズ店舗を持つ企業でも有効に活用できるだろう。

【その他特長】導入・管理も容易
LifeSize ClearSeaサーバは、ハードウェアアプライアンスとしても、仮想マシンソフトウェアとしても利用可能。
ライセンスはポート数に応じた同時利用数になるので、ライセンス管理の手間やコストも削減。
自動NAT(Network Address Translation)/ファイアウォール トラバーサルやメディア暗号化機能が内蔵され、
 追加の装置やITリソースは不要。企業内外で安全なビデオコラボレーションが実現。
ユーザグループ管理、集中型ディレクトリ及びLDAP統合、便利なレポート機能など、管理者をサポートする機能も搭載。
業界でもトップクラス、40種類以上の端末を正式にサポート(2012年6月現在)




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) モバイル対応・HD画像ビデオ会議【LifeSize ClearSea】
サービス提供会社 ライフサイズ・コミュニケーションズ
サービスメニュー(提供可能な製品群) ・携帯端末と双方向でビデオ通話
 iOS及びAndroidに対応
 PCクライアント及びH.323/SIP端末とも相互接続
 多地点接続
 フルHD対応(1080pまでサポート)
動作環境 LifeSize ClearSea クライアント:
・Windows 及び Mac OS X
・モバイル機器:Android、iOS
※詳細はお問い合わせ下さい
オプションサービス Android搭載機種向けクライアント
iOS搭載機種向けクライアント
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


ライフサイズ・コミュニケーションズ (株式会社ロジクール内) 
TEL:03-6385-7150
FAX:03-6385-7101
e-mail:hd@lifesize.com


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10021488


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ