メール誤送信防止ソリューション「SHieldMailChecker」


メール誤送信防止ソリューション「SHieldMailChecker」


富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

Keyノート

  • 基本情報
  • メール誤送信防止ソリューション「SHieldMailChecker」の特長
  • メール誤送信防止ソリューション「SHieldMailChecker」のスペック

メール誤送信防止ソリューション「SHieldMailChecker」

掲載日:2012/06/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
メール送信の「うっかりミス」による情報漏洩を防止したい企業。手軽に導入できるメールセキュリティ製品をお探しの企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 送信前にメールの内容と誤送信につながるリスクを確認させることで、メール誤送信を防止する製品。メール誤送信による情報漏洩や企業の信用失墜を防ぐ。
価格情報 基本ライセンスパック10:4万5000円
年間保守:1万2000円
*税別
サポートエリア 全国


特長


誤送信防止

メール送信操作の「うっかりミス」防止を手軽に実現


「SHieldMailChecker」は日常業務で頻度の高い、メール送信時の「うっかりミス」による誤送信の防止や、それにともなう情報漏洩を防止する商品。既存の環境へ、簡単に導入することができる。

■直前の警告表示により、メールの誤送信を防止
メール送信操作をした直後、タイトルや本文、添付ファイルをチェックし、あらかじめ決められたセキュリティポリシーに違反したものがあれば警告が表示される。メール送信者は、確認項目をすべてチェックし、リスク確認が済むまでメールを送れない。これにより、メールを送る前に宛先や送信方法などのミスを防止。
・ファイルの添付ミスを防止
 メール送信確認画面に、添付ファイル名を一覧表示。ポリシールールの設定で、メール送信前の添付ファイル内容確認の強制も可能。
・送信者本人が確認可能
 サーバ製品と異なり、メール送信直前に、本人が確認することができる。
  
■既存の環境のまま、短期間で簡単導入
SMTPプロトコルを利用する主要メールソフトやMicrosoft Exchange Serverに対応。クライアントPCにインストールするだけで適用できるため、短期間で容易に導入でき、サーバに負荷もかからない。

■メール送信状況の変化に応じて、警告レベルを最適化
利用者の慣れによる見落としを抑制する「自動学習ホワイトリスト」機能(特許取得済)を搭載。利用者ごとの送信履歴を統計分析し、頻繁に送信する宛先をチェック対象から除外できる。これにより、過剰なチェックの抑制、利用履歴に合わせた警告内容の変更でセキュリティの強度を維持しながら、慣れによるチェック効果の低下防止や利用者の手間を削減できる。

■豊富な導入実績
富士通グループ企業100社以上、約10万クライアントに導入済み(2012年2月現在)。既存のメールソフトやメールサーバをそのまま継続利用でき、業務を停止することなく段階的に導入できる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 SHieldMailChecker
メーカー 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
クライアント側OS Windows XP SP3以降 (32bit)、Windows XP SP2以降 (64bit)、Windows Vista SP2以降 (32bit/64bit)、Windows 7 SP1以降 (32bit/64bit)
クライアント側対応プロセッサ OSが問題なく動作する環境
クライアント側必要メモリ容量 OSが問題なく動作する環境
クライアント側必要ディスク容量 OSが問題なく動作する環境
クライアント側その他動作環境 ■メールサーバにSMTPサーバを利用している場合
  .NET Framework 2.0 SP2以降
■メールサーバにExchange Server(MAPI接続)を利用している場合
  .NET Framework 2.0 SP2以降、及び.NET Framework 3.5 SP1以降
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 ■動作確認済みのメールサーバ
 SMTP:sendmail[8.13]、Postfix[2.3]、qmail[1.03]
 MAPI:Microsoft Exchange Server[2003][2007][2010]
その他特記事項 ■確認済みメールソフト(括弧内は対応プロトコル)
・AL-Mail32[1.13a](SMTP)
・Becky! Internet Mail [2.58.00](SMTP)
・Microsoft Outlook [2003 SP3](SMTP)
・Microsoft Outlook [2007 SP2](SMTP、MAPI)
・Microsoft Outlook [2010 SP1](SMTP、MAPI)
・Outlook Express[6 SP2](SMTP)
・Windows メール[6](SMTP)
・Windows Live メール[2011](SMTP)
・秀丸メール[5.70](SMTP)
・Thunderbird[3.1.16][8.0](SMTP)
★WebメールやLotus Notesのメールでは動作しません

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町1-403 武蔵小杉タワープレイス
TEL:044-739-1251
e-mail:ssl-info@cs.jp.fujitsu.com


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10021424


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ