帳票OCR


パナソニック ソリューションテクノロジー

Keyノート

  • 基本情報
  • 帳票OCRの特長
  • 帳票OCRのスペック

帳票OCR

掲載日:2012/04/27
更新日:2013/08/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
帳票入力業務の合理化とコスト削減を実現したい企業。
人的作業による入力ミスを軽減し、オフィス業務の生産性を向上したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 帳票の活字や手書き文字、バーコードからチェックマークまでをOCR認識し、電子データに変換する業務向け帳票OCRソフトウェア。認識した情報は各種システムで活用可能。
価格情報 1ライセンス:41万7900円(税別 39万8000円)〜
サポートエリア 全国


特長


高認識OCR

帳票入力作業の効率化を実現する多彩な機能を搭載


帳票OCRは、発注書や勤怠表、アンケート、自動車検査証などオフィス内の紙帳票を編集可能な電子データに変換する業務向けのOCRソフトウェア。
活字、手書き文字、チェックマーク、バーコード、QRコードの認識に標準対応している。
また複合機やスキャナーから読み込んだ帳票画像の「ファイル名の自動設定」、「フォルダー自動振り分け」、「PDFファイルへの変換」など、多彩な機能を搭載し、帳票のテキスト化からリネームまで帳票入力作業の効率化を実現する。帳票OCRで手作業による帳票入力業務の自動化を実現し、人的作業での入力ミスを軽減、オフィス業務の生産性向上を支援する。
 
●低品質文字に強い高精度OCRエンジン搭載
パナソニック独自の言語処理ロジックで、FAX画像のかすれた文字など低品質文字にも強い日本語活字OCRエンジンを搭載。また日本語第二水準漢字に対応し、様々な帳票の入力作業をサポート。
※日本語第二水準漢字は活字のみ完全対応。手書き文字は一部のみ対応。

●簡単操作の帳票定義ツール「フォーマット編集」
マウスの操作で認識箇所などの帳票定義ができる専用ツール「フォーマット編集」を搭載。
複数の認識箇所を一括で設定できる自動作成機能など操作性がさらに向上。
帳票の変更にもスムーズに対応できる。

●入力業務の更なる効率化を実現する充実のオプション製品
・複数人数で確認・修正作業を分担できる「複数端末認識オプション」
・住所入力をサポートする「住所変換オプション」
・複合機と利用することで簡易的なFAX-OCRシステムを実現する「フォルダー監視オプション」

●製品サイトで公開している「帳票OCR」体験版では、すべての機能が30日間無料で試用可能。




このページの先頭へ

スペック

製品名 帳票OCR
メーカー パナソニック ソリューションテクノロジー
クライアント側OS Microsoft Windows 2000 / XP / Vista / 7 / 8
クライアント側対応プロセッサ 使用OSが推奨する環境以上
クライアント側必要メモリ容量 使用OSが推奨する環境以上
クライアント側必要ディスク容量 450MB以上
クライアント側その他動作環境 詳しくはWebサイトを参照下さい
http://panasonic.biz/it/sol/ocr/form/spec2.html
サーバ側OS Microsoft Windows Server 2003 / 2008 / 2012
サーバ側対応プロセッサ 使用OSが推奨する環境以上
サーバ側必要メモリ容量 使用OSが推奨する環境以上
サーバ側必要ディスク容量 450MB以上
サーバ側その他動作環境 詳しくはWebサイトを参照下さい
http://panasonic.biz/it/sol/ocr/form/spec2.html
その他特記事項 インストール時にCD-ROMドライブ必須

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
住所:〒105-0013 東京都港区浜松町1-17-14 浜松町ビル


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10021142


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 電子帳票システム > 電子帳票システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ