SAP CRM


SAPジャパン

Keyノート

  • 基本情報
  • SAP CRMの特長
  • SAP CRMのスペック

SAP CRM

掲載日:2012/04/06
更新日:2013/06/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
マーケティングやセールスを支援するシステムをお探しの方。迅速な顧客対応が可能で、拡張性を備えたCRMシステムをお探しの方。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 マーケティング、セールスからeコマース、チャネル管理など、幅広い機能を提供する高機能CRMシステム。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


高機能CRM

豊富な機能を持ち、リアルタイムで情報活用できるCRM


SAP CRMは、マーケティング、セールス、サービス、分析、フィールドアプリケーション、eコマース、インタラクションセンタ、チャネル管理などの機能を持つCRM(顧客管理システム)。コスト削減や意志決定力の強化はもちろんのこと、他社との差別化を図るなど、競争力強化が実現できるシステム。  

マーケティングからセールス支援、eコマースまでの豊富な機能を提供
マーケティング機能からセールス支援機能、サービス/分析/フィールドアプリケーションといった顧客管理とサービスをサポートする機能、eコマース機能、テレマーケティングやテレセールス/テレサービスを管理するインタラクションセンタ機能、チャネル管理機能など、豊富な機能を1つのシステムで提供。  

拡張性とリアルタイム性で時代の変化に即応
エンハンスメントパッケージのコンセプトを利用して、容易に機能拡張が可能。また、マーケティング計画で設計された顧客別の提案を実際の顧客対応時にリアルタイムに計算し情報提供できるエンジンを搭載。更に、モバイルと連携することで現場業務の改善や計画、実行までのサイクルを短縮化し、スピーディな対応を実現する。  

●マーケティングプラニング、キャンペーン管理、リード管理、マーケティング分析、顧客セグメント、パーソナライズ、販売促進管理などの機能を持ち、マーケティング活動の効果を向上。
●見込み顧客の特定から案件・活動管理、日報や見積もりの自動作成など、販売サイクル全体をカバーするセールス支援機能を搭載。




このページの先頭へ

スペック

製品名 SAP CRM
メーカー SAPジャパン
クライアント側OS Windows XP/Windows Vista/Windows 7
クライアント側対応プロセッサ Intel Pentium 4 3.0GHz以上
クライアント側必要メモリ容量 512MB以上
クライアント側必要ディスク容量 380MB以上
クライアント側その他動作環境 【対応ブラウザ】
Internet Explorer 6.0/7.0/8.0
Firefox 2.0/3.0
サーバ側OS Windows Server 2008/AIX/HP-UX/Linux Red Hat/Linux Suse/Solarisなど
サーバ側対応プロセッサ 上記対応OSに依存
64bitプロセッサ4コア以上推奨
サーバ側必要メモリ容量 4GB以上推奨
サーバ側必要ディスク容量 50GB以上(データベース、システムファイルなど含む)
サーバ側その他動作環境 データベースウェアとしてOracle/Microsoft SQL Server/IBM DB2など
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


SAPジャパン株式会社
住所:〒102-8022 東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル
TEL:0120-786-727


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10021130


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ