SAP Crystal Reports


SAPジャパン

Keyノート

  • 基本情報
  • SAP Crystal Reportsの特長
  • SAP Crystal Reportsのスペック

SAP Crystal Reports

掲載日:2012/04/06
更新日:2013/05/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
様々なデータソースのデータを用いて、デザイン性の高いレポートを作成したい方。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 幅広いデータソースに対応し、対話型のレポートを簡単にデザインできるBIツール。レポートのデザイン、検索、ビジュアル化、配信など、包括的な機能を提供する。
価格情報 8万9500円
※税抜
サポートエリア 全国


特長


レポート作成

意志決定に効果的なデータ活用を実現するBIツール


SAP Crystal Reportsは、様々なデータソースから対話型のレポートを簡単にデザインできるBIツール。ユーザはレポート上で並べ替えやフィルタリングができ、意志決定の上で役立つ効果的なデータ活用が可能。  

ビジネスに関する意志決定を仮想する
本製品には、SAP Crystal Dashboard Designが統合されており、そのwhat-if想定シナリオモデルによって、ビジネスに関する意志決定を仮想することが可能。結果を視覚的に見ることができる。  

Flashを利用し、デザイン性の高いレポートを作成
Flashファイルを本製品で作成したレポート内に統合することができ、レポートデータはFlashVarsを通じて共有可能。そのため、他のBI ツールにはない情報量豊かな対話型レポートが作成できる。  

●手ごろな価格で、プロフェッショナルなレポーティングを活用できる
●エンドユーザがレポート上で並べ替えやパラメータ設計を行い、検索することも可能
●対話型レポートを作成できるため、IT部門や開発業者の工数を最小限に抑えることができる
●強力なデータマッシュアップが可能
●Java及び.Netアプリケーションに、プロフェッショナルな見栄えのレポートを埋め込むことが可能  




このページの先頭へ

スペック

製品名 SAP Crystal Reports
メーカー SAPジャパン
クライアント側OS Windows XP Professional SP2以上
64bitはWindows Vista SP1以上で対応
クライアント側対応プロセッサ Intel Pentium 450MHz以上
クライアント側必要メモリ容量 512MB以上
クライアント側必要ディスク容量 1GB以上、1.5GB以上推奨
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2003 SP1以上、 Windows Server 2008
サーバ側対応プロセッサ Pentium 4 2.0GHzクラスのプロセッサ
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上(最小構成)
サーバ側必要ディスク容量 5.6GB以上のディスクスペース(最小構成)
サーバ側その他動作環境 アプリケーションサーバが必要
Tomcat、JBoss、Microsoft IIS 7.0、Oracle Application Server、WebLogic 9.2 MP2、SAP Web Application Server 7、WebLogic 10、WebSphere Application Server
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


SAPジャパン株式会社
住所:〒102-8022 東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル
TEL:0120-786-727


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10021129


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ