Microsoft Exchange


日本マイクロソフト

Keyノート

  • 基本情報
  • Microsoft Exchangeの特長
  • Microsoft Exchangeのスペック

Microsoft Exchange

掲載日:2012/04/03


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
◎社員の生産性をアップしたい ◎メールやドキュメントのセキュリティを強化したい ◎ITコストを削減したい 企業
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
◎メール起点とした効率的ビジネスを実現
◎オンプレミス型とクラウド型を自由に選べるほか、両者のシームレスな併用も可能
◎セキュリティ、コンプライアンス対策も充実
価格情報 クラウドサービス(Exchange Online)の場合:1ユーザー月額209円〜 (税別)
サポートエリア 全国


特長


ハイブリッド

話題のクラウドも、オンプレミスも、両者の組み合わせも可能


低コスト/柔軟性

オンプレミス(内部設置)型「Exchange Server 2010」と、クラウド型「Exchange Online」の2種類から自由に選べるほか、両者のシームレスな併用も可能。

Exchange Onlineは、1ユーザーあたり月額209円☆から利用でき、日常のメンテナンスも不要になるため、初期コスト、運用コストの両面で飛躍的なコストダウンを実現。


どこからでもアクセス可能

Windows Phoneや、iPhone/iPadなど、Exchange ActiveSync対応の各種情報端末でどこからでもアクセスでき、営業活動の機動力が飛躍的にアップ。

Office Outlookのほか、WebブラウザーではInternet Explorerに加え、新たにFirefoxやSafariもサポート。


メール起点の効率ビジネス

ExchangeとOutlook 2010の組み合わせなら、大量のメールをかぎられた時間内で効率的に処理できる。“メールをさばく”スピードが、そのままビジネスアクションにつながる。

部門やプロジェクト単位で予定を管理できる「グループスケジュール」や、日本の企業組織に即した「階層型アドレス帳※」などが、会社や部署のワクを越えたコラボレーションを強力にサポート。 ※オンプレミス型のExchange Server 2010のみ提供


一元管理/セキュリティ

古いメールをパーソナル・アーカイブとしてサーバ側で保管・管理することにより、情報漏えいのリスクを軽減。複数ユーザーのメールボックスの“串刺し検索”も可能で、コンプライアンス面での対応力を強化。

管理者があらかじめ設定した条件にもとづき、自動的にInformation Rights Management(IRM)ポリシー※を適用して、電子メールとOfficeファイルなど対応する添付ファイルをまとめて保護可能。ユーザーに負荷をかけることなく、情報漏えい対策の強化を実現。
※転送、印刷、コピー、貼り付け、編集などについてユーザー操作を制限することが可能。利用するには、Exchange に加え、Active Directory Rights Management サービスが必要。


☆Exchange Online Standardの場合。消費税別。

☆Exchange Online Standardの場合。消費税別。
このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) Microsoft Exchange
サービス提供会社 日本マイクロソフト
サービスメニュー(提供可能な製品群) ◎Microsoft Exchange Server 2010
◎Microsoft Exchange Online
動作環境 以下のURLをご参照下さい。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa996719(EXCHG.140).aspx
オプションサービス -
その他特記事項 ※掲載されている内容は、「Exchange Server 2010」及び2011年リリースの「Exchange Online(新バージョン)」を想定して構成しています。

※掲載されている内容は、現在のMicrosoftの見解を表明するものです。Microsoftは絶えず変化する市場に対応しなければならないため、ここに記載した情報に対していかなる責務を負うものではなく、提示された情報の信憑性については保証できません。また、掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。 Microsoft は、明示的または暗示的を問わず、いかなる保証も与えるものではありません。

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


日本マイクロソフト株式会社
住所:〒108-0075 東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルタワー


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10021113


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ