MapDK5


インクリメントP

Keyノート

  • 基本情報
  • MapDK5の特長
  • MapDK5のスペック

MapDK5

掲載日:2011/11/15
更新日:2014/02/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
地図情報を利用するアプリケーション、GISの制作を検討中のすべての企業
製品形態 ソフトウェア
製品概要 GPS情報と連携した動態管理や、巡回ルート立案、地図上での施設/顧客管理など、位置情報・ルート探索を利用した地図応用アプリケーション(GIS)の開発が可能。
価格情報 オープン価格
サポートエリア 全国


特長


開発キット

地図を活用したアプリケーション開発キット


「MapDK5」は、地図情報を活用したアプリケーションの開発支援ツールだ。地図ソフト『MapFan』シリーズや、カーナビゲーションシステムで培った地図関連技術を、業務用アプリケーションに応用できるのが最大の特長。

カーナビ向けに整備された道路に強いデータを採用
「MapDK5」は、実際に日本全国を走行調査し整備した道路データ、建物の形が分かる詳細地図を含む日本全国の地図データを収録。検索データは、号精度のピンポイント住所データ・駅情報データ・郵便番号データなどを収録している。

地図描画はもちろん、ルート探索やアイコン描画など多彩な機能を装備
・地図描画
・ルート探索(有料道路料金/距離/所要時間の算出)
・アイコン/ポリゴン/ポリライン描画
・住所検索
・住所逆引き(GPSなどの緯度経度から住所への変換)
・駅名、郵便番号検索
※そのほか、多数の機能を用意。

これらを利用することにより、地図ならではの『施設/顧客管理』、トラックやタクシーなどの位置を把握し、配車や運行管理を補助する『動態/運行管理』、ルート探索を活用して最適な巡回/配送ルートの策定を行う『巡回/配送ルート計画』などのアプリケーションが開発できる。
 
VB、C++、C#などの開発言語に対応。短期間での開発が可能
「MapDK5」は、Microsoft Visual Basic/C++/C#などの開発言語に対応。Windows向けアプリケーション開発に最適化されている。また、アイコンや円、多角形の描画、ルート探索、各種検索など基本機能が利用しやすい形で用意されていので、短期間での開発が可能だ。新たに大量の位置情報管理を想定した「高速地図描画機能」を実装し、より高度なGISアプリケーション開発も可能になっている。




このページの先頭へ

スペック

製品名 MapDK5
メーカー インクリメントP
クライアント側OS Windows XP
Windows Vista (64bit/32bit)
Windows 7 (64bit/32bit)
Windows 8 (64bit/32bit)
※すべて日本語版が対象となります。
クライアント側対応プロセッサ オペレーションシステムが推奨するスペック以上
クライアント側必要メモリ容量 オペレーションシステムが推奨するスペック以上
クライアント側必要ディスク容量 7.0GB
クライアント側その他動作環境 オペレーションシステムが推奨するスペック以上
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 開発したアプリケーションの運用には、専用データ製品『MapDK5 ユーザーディスク』が別途必要になります。
『MapDK5開発キット』ユーザー登録者には、専用サポートページ(無償)の利用が可能。

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


インクリメントP株式会社
部署名:商品部 第二商品部 第四グループ MapDK担当
住所:〒210-0024 神奈川県川崎市川崎区日進町1-14 キューブ川崎2F
TEL:044-223-1355
FAX:044-223-1394
e-mail:dksales@incrementp.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10020030


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ