IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
製品レポートの使い方

IronPort Cシリーズ/IronPort PXE


アイアンポートシステムズ|ソリトンシステムズ

Keyレポ

  • 基本情報
  • IronPort Cシリーズ/IronPort PXEの特長
  • IronPort Cシリーズ/IronPort PXEのケーススタディ
  • IronPort Cシリーズ/IronPort PXEのスペック

IronPort Cシリーズ/IronPort PXE

掲載日:2008/08/18

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
自社のメールセキュリティを見直したい企業。メール暗号化を導入したいが、コスト問題や導入の大変さで躊躇してきた企業。
製品形態 ハードウェア
製品概要 高精度なスパムフィルタリング、ウイルス対策機能、コンテンツフィルタリング機能などを備えるメールアプライアンス。導入/管理が容易なメール暗号化機能も搭載。
価格情報 価格は会員限定の情報となります。
会員登録(無料)
サポート
エリア
全国

会員限定で「IronPort Cシリーズ/IronPort PXE」の続きが読めます

IronPort Cシリーズ/IronPort PXE」の製品特長、価格、スペックを紹介。
会員限定情報として、「IronPort Cシリーズ/IronPort PXE」では、以下の内容を紹介しています。

INDEX

導入したいがなかなか導入できない「メール暗号化」

「メール暗号化」導入を一気に現実的なものとする本製品!

特長

導入が簡単:導入はアプライアンスをメール経路上に設置するのみと至って楽

操作が簡単:送信者、受信者ともに簡単操作でユーザへの負担がない

管理が簡単:日常の管理、運用は使いやすいWeb GUIでユーザ自身が簡単に行える

便利多機能:送信後の閲覧もコントロール可能&ほかの暗号化方式にも対応

ケーススタディ

導入経緯:技術的知識がいらず、導入簡単、低コスト。これで本製品を選択!

業界リーダー:GartnerやIDC、米国病院協会にも認められるIronPortの実力

最後に…

続きを読むには・・・

会員登録すると、「IronPort Cシリーズ/IronPort PXE」の資料請求が簡単に!さらに価格情報が掲載され、「IronPort Cシリーズ/IronPort PXE」を入れた比較表も作れる!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【セキュア・ディー・ビー・ジャパン】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
暗号化 暗号化 暗号化
DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IronPort Cシリーズ/IronPort PXE」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IronPort Cシリーズ/IronPort PXE」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10012097


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ