IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
製品レポートの使い方

FutureNet RA-1100/RA-630


センチュリー・システムズ

Keyレポ

  • 基本情報
  • FutureNet RA-1100/RA-630のケーススタディ
  • FutureNet RA-1100/RA-630の特長
  • FutureNet RA-1100/RA-630のスペック

FutureNet RA-1100/RA-630

掲載日:2007/08/31

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
大規模ネットワークに対応できる、コストパフォーマンスに優れたRADIUS認証サーバアプライアンスをお探しの企業。
製品形態 ハードウェア
製品概要 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。
価格情報 価格は会員限定の情報となります。
会員登録(無料)
サポート
エリア
全国

会員限定で「FutureNet RA-1100/RA-630」の続きが読めます

FutureNet RA-1100/RA-630」の製品特長、価格、スペックを紹介。
会員限定情報として、「FutureNet RA-1100/RA-630」では、以下の内容を紹介しています。

INDEX

圧倒的なコストパフォーマンスを誇る認証サーバRA-1100

下位機種のRA-630もリーズナブルながら機能は充実

IP網(フレッツ・オフィス接続など)での利用と冗長化

ケーススタディ

親子連携:RA-1100/RA-630を同期させ拠点間の冗長構成を実現

親子連携:「親」によるユーザ情報・ログ情報の一元管理で運用コストを削減

特長

優れた操作性:純国産のアプライアンス。わかりやすいGUIで導入・運用も容易。

効率的な管理:ActiveDirectoryやLDAPとの連携も標準装備

Web認証機能:VPNルータFutureNet XRシリーズとの強力な連携

証明書発行:プライベートCA機能で、認証局としてサーバ証明書の発行が可能

運用サポート:3階層に分けられた権限を利用可。運用もスムーズ。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「FutureNet RA-1100/RA-630」の資料請求が簡単に!さらに価格情報が掲載され、「FutureNet RA-1100/RA-630」を入れた比較表も作れる!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

指ハイブリッド認証 【NEC】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】
認証 認証 認証
「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

FutureNet RA-1100/RA-630」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「FutureNet RA-1100/RA-630」の記事の続きがお読みいただけます。


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10009907


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ