音声会議システム プロジェクトフォン「PJP-50R」

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 電話会議 > 電話会議の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 電話会議 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
製品レポートの使い方

音声会議システム プロジェクトフォン「PJP-50R」


ヤマハ

Keyレポ

  • 基本情報
  • 音声会議システム プロジェクトフォン「PJP-50R」の特長
  • 音声会議システム プロジェクトフォン「PJP-50R」のケーススタディ
  • 音声会議システム プロジェクトフォン「PJP-50R」のスペック

音声会議システム プロジェクトフォン「PJP-50R」

掲載日:2006/11/27

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザー
現状の音声会議での「音切れ」や「聞き取りにくさ」を解消し、場所を選ばず、社内のどこでも音声会議を実現したい企業。
製品形態 ハードウェア
製品概要 IP・PSTN・オーディオ入出力など多彩な接続端子を持ち、16個のアレイマイク、4個のアレイスピーカー、適応型エコーキャンセラーを搭載した高音質な音声会議システム。
価格情報 価格は会員限定の情報となります。
会員登録(無料)
サポート
エリア
全国


製品レポート全文の閲覧(製品特長、導入事例・ケーススタディの紹介、スペックシート)、資料ダウンロード機能、問い合わせ・匿名相談は、会員サービスとなります。

 会員登録(無料)・ログインはこちらから

CONTENTS【会員専用】

音声会議システム プロジェクトフォン「PJP-50R」


会員専用レポートでは以下の内容を解説しています

 
「音切れ」や「聞き取りにくさ」が音声会議の最大の敵

 
特長

高音質:高い収音能力と再生能力で「話しやすさ」「聞きやすさ」を実現
フレキシブル:適応型エコーキャンセラーにより様々な場所で活用できる
簡単:多彩な接続端子

 
ケーススタディ

ケース1:PCに接続してWeb会議用のマイクとして使用
ケース2:携帯電話での参加も含めた音声会議を実現

 
ヤマハの会議システムラインナップ

このページの先頭へ


キーマンズネットのオリジナル製品レポート 「Keyレポ・Keyノート」とは?


製品レポート「Keyレポ・Keyノート」は 会員専用レポートです。

「Keyレポ・Keyノート」は「この製品はどんなところがいいの?」「導入メリットは?」などIT担当者の疑問点を、第三者の視点でわかりやすく解説したレポートです。

会員登録(無料)すると、製品レポート全文がお読みいただけます。会員登録はこちらから
Keyレポ・Keyノート

特長

企業内けIT製品選定という視点で、製品の特長をキーマンズネットの製品レポーターが図解入りでわかりやすく解説!ざっと読むだけで製品の概要をつかめます。

導入事例 / ケーススタディ

実際の導入事例や利用シーン、システム構成例などケーススタディを紹介。具体的な導入課題までわかるコンテンツです。(※Keyレポのみ)


特長
導入事例/ケーススタディ

スペック

製品スペックを、比較しやすい表形式のフォーマットで記載。比較検討がスムーズに行えます。

資料ダウンロード

関連資料を直接ダウンロードできます。
(※一部対応していない製品レポートがあります)


スペック
資料ダウンロード

問い合わせ・匿名相談

登録情報呼び出し機能で、面倒な氏名や住所の入力なしに問い合わせできる「問い合わせ」、会社名やお名前を伏せてコンタクトがとれる「匿名相談※」の2種類の方法でメーカーや販売会社にコンタクトがとれます。(※一部対応していない製品レポートもあります)



印刷用ページへ
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10008076


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 電話会議 > 電話会議の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ