ノートパソコンに関するニュース、製品情報やサービスの情報・比較

ノートパソコン

ノートパソコンに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 ノートパソコン

基礎解説ノートパソコンとは?

ノートパソコンとは、小型・薄型・軽量で携帯性に優れた、二つ折りの構造を持ったパソコンの総称。モニタなどの表示画面、キーボードやポインティングデバイスなどの入力装置、バッテリーなどが本体と一体化され、ユーザーが任意の場所へ持ち運んで利用することを前提に設計されている。B5判からA4判程度のサイズが多く、重さはおよそ1kgから3kg程度。「コンパクトノート」「サブノート」「モバイルノート」「スリムノート」など、各メーカーごとに様々なカテゴリが存在する。

ノートパソコンの製品一覧・比較へ

ノートパソコンと一緒に検討すると便利な製品をカテゴリから探す

ノートパソコンの新着製品

2017/12/04
クライアント環境に関するアンケート(2017年9月)
2014/02/06
LIFEBOOK T904/H
2013/11/27
LIFEBOOK T734/H
2013/11/27
LIFEBOOK S904/H

ノートパソコンの最新特集

ノートパソコンの市場シェア情報

2018/08/21

ノートパソコン

出典
IDC Japanプレスリリース「2018年第1四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表」2018年5月30日
「PC」シェア【シェア情報アーカイブ】
2018年第1四半期のPC市場はマイナス成長に転じた。レノボ傘下となった富士通のPCシェアはどう変化したのか。

2018/08/07

ノートパソコン

出典
IDC Japanプレスリリース「国内軽量/長時間バッテリー駆動型ノートPC市場 競合分析結果を発表」2018年5月22日
「法人向け軽量ノートPC」シェア【シェア情報アーカイブ】
重さ1.2キロ未満かつバッテリー駆動時間8時間以上の法人向けノートPCの出荷台数は49万台。シェア1位となった国産ベンダ…

2018/03/20

ノートパソコン

出典
IDC Japanプレスリリース「2017年第4四半期および2017年 国内トラディショナルPC市場出荷実績値を発表」2018年3月5日
「PC」シェア【シェア情報アーカイブ】
2017年第4四半期のPCの出荷台数は前年同期比3.7%増だった。法人向けもWin 10移行で台数が増えている。シェア1…

2017/12/19

ノートパソコン

出典
IDC Japanプレスリリース「2017年第3四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表」2017年12月6日
「PC」シェア【シェア情報アーカイブ】
2017年第3四半期の法人PC市場は6期連続で拡大。業界再編で勢力図はどう変わる?

2017/10/10

ノートパソコン

出典
IDC Japanプレスリリース「2017年第2四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表」2017年9月4日
「PC」シェア【シェア情報アーカイブ】
2017年第2四半期のPC出荷台数は257万台。2桁成長したベンダーもあれば、2桁減のベンダーもあり、2極化が進んでいる…

2017/08/08

ノートパソコン

出典
IDC Japanプレスリリース「2017年第1四半期 国内トラディショナルPC市場実績値を発表」2017年5月23日
「PC」シェア【シェア情報アーカイブ】
2017年第1四半期のPC市場は前年同期比6.3%増。特に勢いを取り戻した外資系ベンダーとは?

ノートパソコンの最新ニュース

基本機能ノートパソコンの基本機能とは?
ノートパソコンの主な基本機能は以下のとおり。
●小型化・軽量化されたオールインワンパソコン
パソコンを構成する基本機能である本体(CPU、メモリー、HDDなどドライブ類を内蔵)、ディスプレイ、キーボードやマウス、各種インターフェイスを筐体にすべて搭載している。

●サイズはさまざま
モバイル用途を想定しているB5サイズの製品から、据え置きと持ち運びを兼ねるA4サイズまでさまざまなサイズがある。

●バッテリー内蔵
サイズに関わりなく、すべてのノートパソコンはバッテリーを本体内に内蔵している。

●スピンドルの違い
内蔵するディスクドライブ(モーターなどの可動部品を持ったもの)の数でノートパソコン製品を分類することもある。HDDドライブを搭載せず、SSDを搭載するノートパソコンを「ゼロスピンドル」、HDDのみを搭載するノートパソコンを「1スピンドル」、HDDと光学ドライブを搭載するノートパソコンを「2スピンドル」と分類する。
導入メリットノートパソコンの導入メリットとは?
ノートパソコンの導入メリットは主に以下の4つが挙げられる。
●場所をとらないオールインワンパソコンとして利用できる。コンパクトなので持ち運びも容易。

●バッテリー内蔵のため、コンセントから電源を取れない環境でも駆動が可能となる。また内蔵バッテリーは停電の際に簡易UPS(無停電電源装置)として働く。

●デスクトップパソコンのように場所に縛られないで利用できる。デスク、客先、移動中など利用シーンが豊富になる。

●拡張機能は皆無だが、そのためユーザーによる勝手な拡張を防げる。
キーマンズネットとは

ページトップへ