オフィス機器のITセミナーを探す

ここで取り上げるオフィス機器は、いわゆる情報機器、OA(Office Automation)機器であり、基本的には通信機能を持つ機器を指している。オフィス機器は社内の情報やデータを扱っており、企業では主に従業員の業務を効率化させる役割に寄与する機器として活用されている。例えば、社内外で使用される文書を紙で出力する「プリンタ」や、その多機能版である「複合機」などは、提案書や社内文書の出力やデータでの共有など、社内外における情報共有の活性化に貢献している。また、IPネットワークで映像を管理用サーバに送信する仕組みを持つ「ネットワークカメラ」システムや、入退室情報を記録して管理する「入退室管理システム」は、社内に出入りする者を “監視”することで企業における情報漏洩対策として有効活用されている。オフィス機器を有効活用することで、情報共有やセキュリティ対策など企業における重要課題を、従業員の労力を割くことなく実現することができる。