「その他オフィス機器関連」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

その他オフィス機器関連

その他のオフィス機器として「デジタルカメラ」「デジタルビデオカメラ」といった映像機器のほか、「HDDプレイヤー」「DVDプレイヤー」「薄型テレビ」のようなAV機器、ほかに「ファックス」「ビジネスフォン」などの通信機器がある。

その他オフィス機器関連の新着カタログ

その他オフィス機器関連の新着セミナー

活用事例・実演デモから学ぶ Jamboard セミナー

株式会社電算システム・ベンキュージャパン株式会社

2018/11/26(月)14:30~16:30

  • 東京都
  • 無料
  • 定員30名
  • オフィス機器

その他オフィス機器関連の市場シェア情報

その他オフィス機器関連の基本機能とは?

ここでは以下に挙げるオフィス機器の基本機能を説明する。
●デジタルカメラ:さまざまな記録を静止画で残せる。仕様によって「デジタル一眼レフカメラ」「ミラーレス一眼レフカメラ」「コンパクトデジタルカメラ」などの種類がある。

●デジタルビデオカメラ:さまざまな記録を動画で保存できる。デジタルデータで保存される製品がほとんどで、保存媒体はフラッシュメモリー、HDDが主流。

●HDDプレイヤー/DVDプレイヤー:HDDにTV放送を録画して視聴したり、DVDコンテンツを再生するのに利用。

●薄型テレビ:PCのディスプレイとはまた別に映像コンテンツを視聴するのに利用。プラズマテレビはほぼ撤退して液晶テレビが主流。

●ファックス:電話回線に接続して文書の送受信を行なう。

●ビジネスフォン:オフィスワーク向けの固定電話機。

その他オフィス機器関連の導入メリットとは?

これらのオフィス機器の導入メリットは以下のとおりだ。
●デジタルカメラやデジタルビデオカメラのような映像機器は、業務上の記録を残しておいて共有するのに役立つ。また静止画/動画を撮影して必要に応じて編集すれば、資料やプレゼンに使う素材として活用することもできる。

●HDDプレイヤー/DVDプレイヤーは各種資料を部内メンバーで同時視聴するのに役立つ。またその際はPCのディスプレイではなく全員が視聴できるサイズの薄型テレビがあればより快適となる。

●ファックスは複合機に統合されていることも多いが、単独製品の場合はプリンターやスキャナーと利用がバッティングすることなく常時送受信できる。