メモリの製品比較・一覧

メモリーを導入検討する際に比較する点は、「仕様の違い」「価格」「情報漏洩対策」などが挙げられよう。 PCにメモリーを増設する場合、使用しているハードウェアの仕様によって対応するメモリーの形状が異なる。またOSによっては、最大認識するメモリーの量に上限があるため、増設しても無駄になってしまう事態も少なくないため、注意が必要だ。

製品レポート

さらにカテゴリを絞り込む

4 製品

で表示
  • 1
チェックしたものを 資料請求 または 資料ダウンロード または 比較表作成

比較表をExcelで出力


全て
イメージ オススメユーザー 製品概要 価格 企業規模 製品形態 サポートエリア 掲載企業 カテゴリ 更新日

セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice

導入事例 1件
セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 簡単に、低コストでセキュリティUSBメモリを導入したい。
USBメモリからのウイルス感染や不正利用を防ぎたい企業向け。
・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
Standard:3万8000円(税別)〜
Professional:14万7200円(税別)〜
Ultimate:4万円(税別)〜
企業規模問わず ソフトウェア 全国 アルプス システム インテグレーション 暗号化 2015/12/31

PCIe Gen3対応「Adaptec 7シリーズ」SAS/SATA RAIDアダプタファミリ

PCIe Gen3対応「Adaptec 7シリーズ」SAS/SATA RAIDアダプタファミリ 高密度サーバ環境で、これまでになく高いレベルのストレージI/Oパフォーマンスと低レイテンシを実現したいユーザ。 LP/MD2で最大24ネイティブポートによりエクスパンダなしで多数のデバイス接続を実現。レイテンシと互換性問題を削減し、新次元のI/Oパフォーマンスを提供。 オープン価格 企業規模問わず ハードウェア 全国 ピーエムシー・シエラ・ジャパン その他サーバー関連 2013/12/15

情報漏洩対策ソフト 「発見伝Select」

情報漏洩対策ソフト 「発見伝Select」 USBメモリやCD、DVDなどによるデータのやりとりが頻繁に発生している企業。情報漏洩対策を万全にしたい企業。 USBストレージの利用制限、ファイル監視機能、ファイル暗号化、ウイルス感染防止などの機能を装備し、情報漏洩を未然に防ぐセキュリティソフト。低コストで導入も簡単。 下記のいずれかを選択
●パッケージライセンス料金/1ライセンス 9800円
●年間サービス料金/オープン価格
※税別
企業規模問わず ソフトウェア 全国 C&Cアソシエイツ MDM 2014/08/01

12Gb/秒 PCIe Gen3「Adaptec 8シリーズ」RAIDアダプタファミリ

12Gb/秒 PCIe Gen3「Adaptec 8シリーズ」RAIDアダプタファミリ 高密度サーバで最小のレイテンシで最大のストレージIOPSとスループットを実現し、消費電力と運用コストも削減したいユーザ 高密度サーバに対し最大70万IOPSと6.6GB/秒のハイパフォーマンスとストレージ拡張に高い柔軟性を提供するRAIDアダプタ。 オープン価格 企業規模問わず ハードウェア 全国 ピーエムシー・シエラ・ジャパン その他サーバー関連 2014/09/30
チェックしたものを 資料請求 または 資料ダウンロード または 比較表作成

比較表をExcelで出力

4 製品

で表示
  • 1

ページトップへ