IPSに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較

IPS

IPSに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 IPS

基礎解説IPSとは?

IPS(Intrusion Protection System)とは、侵入(Intrusion)を検出し、防御(Protection)するシステムで、IDS(侵入検知システム)の機能に防御機能が備わったものである。IDSは、あくまでも不正アクセスや攻撃、またはその予兆をパケットやアクセスログの解析によって検出し、管理者に通知することを目的としていて、防御自体は行わないのに対して、IPSでは多くの場合、ファイアウォールと連係することで、防御までをカバーする。

IPSの製品一覧・比較へ

IPSの最新特集

  • サイバー攻撃の弱点克服!「IPS」基礎解説

    2012/12/10製品の基礎から選び方までをサポート!

    サイバー攻撃の弱点克服!「IPS」基礎解説

    企業の脆弱性を狙うサイバー攻撃が増加傾向にある現在。高い精度で検知・防御が可能なIPS製品への注目が高まっています。今回は、ファィアウォールやUTMとの違いなど基礎解説から最新…

IPSの市場シェア情報

2007/11/05

IPS

出典
株式会社ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2007」
「IPS」シェア【シェア情報アーカイブ】
ミック経済研究所の調べによると、2007年度は前年比18.6%増の出荷金額が予想されているIPSのシェア情報をご紹介!

IPSの最新ニュース

IPSの導入事例

基本機能IPSの基本機能とは?
基本的には、攻撃パターンのデータベースを用いた「シグネチャ検知」、通常ではあり得ない通信パターンを検知して未知の攻撃を発見する「アノマリ検知」を組み合わせて分析を行う。そして、怪しいパケットを検知した場合、それらに対して「受信したパケットを破棄」「関連するセッションやコネクションを切断」といった防御機能を動作させることが可能だ。
また、IPSの製品形態にはネットワーク型とホスト型の2つのタイプがある。ネットワーク型はアプライアンスで提供され、外からの脅威に対する保護だけでなく、内部で発生した脅威を外に拡散させないという役割も果たす。ホスト型はソフトウェアで提供され、サーバのログや通信を監視してシステムを保護する。
導入メリットIPSの導入メリットとは?
最近はあらゆる側面から弱点を探し出して攻撃を仕掛けてくるケースが増えているので、攻撃手法に合わせて複数のセキュリティ製品を適切に配置していく必要があり、ファイアウォール、WAF、UTMとともに、IPSもそうした防御対策の一翼を担うことになる。
IPSが異常を検出すると、ファイアウォールに対して対象のパケット(もしくはすべてのパケット)を通過させないようにファイアウォールの設定変更を指示して不正侵入を食い止めてくれる。また、インライン型NIDSでは、侵入を検出すると、それ自体でネットワークを遮断する機能を持っている。
キーマンズネットとは

ページトップへ