「IDS」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

IDS

IDS(Intrusion Detection System)とは、侵入(Intrusion)を検出(Detection)するシステムで、ネットワーク上に流れるパケットを監視し、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行う。ファイアウォールは単に、許可されたパケットを通過させ、禁止されているパケットを遮断するだけだが、それに対してIDSは、不正侵入を検出し、何らかの方法で管理者に通知する機能を持つ。ただし、IPS(Intrusion Protection System)のように防御までをカバーするわけではない。

IDSの新着カタログ

IDSの新着セミナー

産業制御システム(ICS / IIoT)セキュリティセミナー in 名古屋

株式会社テリロジー

2018/12/06(木)14:30~16:30

  • 愛知県
  • 無料
  • 定員25名
  • ネットワークセキュリティ

IDSの基本機能とは?

IDSは、データの収集方法(場所)によって、ネットワーク上を流れるパケットを採取し、リアルタイムでパケットを解析しながらネットワークトラフィックを監視する「ネットワーク型(Network IDS=NIDS)」と、サーバなどのアクセスログを取得する機器に監視システムを組み込んだ「ホスト型(Host IDS=HIDS)」の2つに大別することができる。基本的にIDSの侵入検出には、「パターンマッチング」が用いられる。NIDSではネットワークのパケット、HIDSではアクセスログの特徴的な部分を「パターン」として取り出し、データベース化しておく。それを検索対象のパケットまたはアクセスログの内容と照合「マッチング」させる。

IDSの導入メリットとは?

IDSを導入すると、ネットワーク上を流れるデータのパターンを分析し、異常を検知すると、ネットワーク管理者へ電子メールなどで通知してくれる。通知を受けた管理者が検知されたデータの性質を見極め、適切に対処を行うことで、早い段階で被害を最小限に食い止めることが可能となる。
NIDS製品は、L2スイッチ(スイッチングハブ)のミラーポートからのパケットを収集するのに使用されることが主流だったが、近年はボトルネックになる場所に設置することで、すべてのパケットを取得できるようにするインライン型NIDSも多くなっている。