ネットワークスイッチのITセミナーを探す

スイッチにはレイヤ2スイッチとレイヤ3スイッチがある。レイヤ2スイッチは、OSI参照モデルのレイヤ2(L2:データリンク層)において、ネットワークに接続された機器同士の通信を中継する役目を担う装置のことでスイッチングハブともいわれている。レイヤ3スイッチは、スイッチングハブにルータ機能を組み合わせ、高速なルーティングが実現できるように作られた装置である。