カスペルスキー、ハイブリッドクラウドの包括的セキュリティを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


カスペルスキー、ハイブリッドクラウドの包括的セキュリティを提供


掲載日:2018/10/11


News

 カスペルスキーは10月5日、パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスなど、仮想環境と物理環境を組み合わせた「ハイブリッドクラウド」環境用のセキュリティ製品「Kaspersky Hybrid Cloud Security」を発売した。

 本製品は、ハイブリッドクラウド環境全体を一括して可視化し、透過的かつ効率的に保護および管理する。対応する環境は、パブリッククラウドが「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」と「Microsoft Azure」、プライベートクラウド(仮想環境)が「VMware ESXi」と「Microsoft Hyper-V」、VDI環境が「VMware Horizon」と「Citrix XenDesktop」、OSがWindowsとLinuxだ。

 本製品の主な特長は3つ。1つ目は、ハイブリッドクラウド環境をシームレスに管理できることだ。パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス上の仮想/物理マシンのセキュリティに関する設定、タスクやステータスを、統合的に単一コンソールで管理できる。また、AWSのAPIを用いてクラウドセグメント上のインスタンスを検出し、セキュリティ製品をリモートインストールしてインスタンスを保護する。Microsoft AzureのAPIにも2019年前半に対応する予定だ。

 2つ目は、ワークロードを保護するさまざまな技術を利用できること。まず、新しい脅威を迅速に特定できるよう、機械学習を組み込んだ多層型技術と、新しい脅威に関するデータを素早く収集する「Kaspersky Security Network」によるクラウドベースのインテリジェンスを用いる。また、ファイルレスマルウェアの脅威から保護するために、脆弱(ぜいじゃく)性攻撃の阻止や、メモリスキャン、振る舞い検知などを用いる(Linux環境は一部に対応)。

 さらに、プログラムファイルなどへの不正な変更を検知できるよう、ファイルの変更を監視する。加えてWindows環境では、Windowsのイベントログを監視し、暗号やパスワードを解読しようとする総当たり攻撃や、Windowsイベントログを悪用する可能性のある異常な振る舞いを検知して管理者に通知する。

 特長の3つ目は、柔軟なライセンス体系だ。保護機能に応じた2種類のライセンス「Standard」「Enterprise」が提供される。保護対象環境に応じたライセンスオブジェクト(課金単位)が用意されており、CPU数やVDIのデスクトップ数、サーバOS数に基づいたライセンスを購入できる。


出荷日・発売日 2018年10月5日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 セキュリティをビジネスの文脈で語り、経営層の支持を獲得するテクニック 【サイバーリーズン・ジャパン】 攻撃者視点で考える、エンドポイントセキュリティへの投資効果 【日立システムズ】 EDR刷新で業務自動化&可視化を両立、大規模銀行に学ぶエンドポイント防御 【サイバーリーズン・ジャパン】 モバイルを取り巻く世界中の脅威情報を分析、その動向から見えた現状と対策とは 【シマンテック】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
セキュリティをビジネスの文脈で語り、経営層の支持を獲得するテクニック 攻撃者視点で考える、エンドポイントセキュリティへの投資効果 EDR刷新で業務自動化&可視化を両立、大規模銀行に学ぶエンドポイント防御 モバイルを取り巻く世界中の脅威情報を分析、その動向から見えた現状と対策とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20074522


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ