ソノリテ、Office 365の導入検討から利活用教育まで包括的に支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソノリテ、Office 365の導入検討から利活用教育まで包括的に支援


掲載日:2018/07/12


News

 ソノリテは7月9日、Microsoftのクラウドサービス「Office 365」の利活用を支援するサービス「テラスク365」をリニューアルした。

 Office 365は、社内のファイル共有や情報共有などのグループウェアとして活用できる上、メールやスケジュール管理、オンライン会議などの機能も備えている。今回リニューアルされた利活用支援サービスでは、大きく分けて4つのサービスを提供する。

 1つ目は導入前支援サービスだ。Office 365の導入に必要な準備や、タスク事項のアドバイス、作業支援を行う。Office 365以外のクラウドグループウェア製品選定のアドバイスも行う。

 2つ目は運用支援サービス。Office 365の日々の運用やトラブルに関する問い合わせに対応する。担当者ごとに合わせた用語や、分かりやすい説明で対応する。ITスキルに自信のない利用者の悩みに対しては、専門用語を利用せず、細かい操作までサポートする。

 3つ目は教育セミナーだ。Office 365の基本的な使い方だけでなく、利用者のレベルに合わせた応用やカスタマイズに関する教育にも対応する。Office 365の最新情報の提供も行う。

 4つ目は、ハイレベルな活用コンサルティングを希望するユーザー向けの「セカンドオピニオンアドバイザリー」。ユーザーと大手システムインテグレーターの間に入り、技術的難易度の高い問題への対処や、導入サポート、活用相談を行う。進捗(しんちょく)確認や課題管理も一緒に行い、プロジェクト計画やタスク計画のアドバイスを行う。

 どのITベンダーから購入したOffice 365であってもサポートする。多言語(韓国語、中国語、英語)対応も可能だ。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール 【リスモン・ビジネス・ポータル】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」 【サイボウズ】 サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 「情報共有」関連製品/サービスのユーザーレビューを大募集 【アイティクラウド】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 「情報共有」関連製品/サービスのユーザーレビューを大募集

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20073908


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ