FRONTEO、特許調査・分析システムをデータ暗号化に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FRONTEO、特許調査・分析システムをデータ暗号化に対応


掲載日:2018/06/15


News

 FRONTEOは、特許調査・分析システム「KIBIT Patent Explorer」にデータ暗号化サービスを追加した。調査の際、自社の特許関連データを暗号化することで、解析作業時の機密性を高められる。

 本システムでは、見つけたい文書(発明提案書、無効化したい特許資料など)の内容を“教師データ”として人工知能「KIBIT」に学ばせることで、少量の教師データを基に膨大なデータを解析でき、スコアリング(点数付け)による文書の仕分けを短時間で行えるようになる。

 今回追加されたデータ暗号化サービスは、例えば特許の申請時に実施する出願前調査などで、類似性の高いものを特許データベースから探す際に、研究開発を進めた特許出願前の自社発明にかかる関連資料を外部に見せたくない、または社内であっても閲覧できる部署や人員を限定したい場合などに利用できる。ユーザーのシステム内で、教師データとなる発明提案書などの文言が、公開鍵暗号化方式で暗号化される。

 クラウド上での特許調査の解析作業は、暗号化された状態のままで行われるため、クラウド環境を管理する同社はもとより、ユーザー側でも表示や閲覧が不可能となる。企業の調査担当者は、本システムが行った解析結果−特許データベースにある類似性が高いと思われる特許の内容と、算出されたスコア結果を見ることで、調査を進めていくことができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

企業の情報セキュリティを大幅に底上げ 「特権ID管理ツール」の実力を知る 【ゾーホージャパン】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 7段階から成るサイバー攻撃をどう断ち切るか、識者が語る「暗号化の最適解」 【日本アイ・ビー・エム】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
企業の情報セキュリティを大幅に底上げ 「特権ID管理ツール」の実力を知る ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
7段階から成るサイバー攻撃をどう断ち切るか、識者が語る「暗号化の最適解」 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20073720


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ