NEC、リストバンド端末の心拍変動データから感情を可視化可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、リストバンド端末の心拍変動データから感情を可視化可能に


掲載日:2018/06/14


News

 NECは2018年度下期、心拍変動データ(脈拍数などを連続的に測定した時系列変化)などから感情を可視化する「NEC 感情分析ソリューション」を発売する。企業が従業員などの隠れた感情疲労や心理的負荷を把握でき、必要に応じて業務支援や注意喚起を行えるようになる。

 本システムでは、TDK製のリストバンド型ウェアラブル端末「Silmee W20」と、感情分析が可能な感情認識技術、その技術を実装したクラウド型の分析基盤などを組み合わせている。

 同端末を装着した対象者の心拍変動データなどをリアルタイムに収集し、それを基に交換神経と副交感神経のバランスを分析することで、「興奮・喜び」「ストレス・イライラ」「憂鬱・疲労」「穏やか・リラックス」といった感情の変化を可視化。専用アプリケーション上で現在の感情や1日の感情履歴などを表示できる。また、勤怠管理や業務支援、健康管理など、さまざまな他社サービスとの間でデータを連携できるAPIも提供される。

 同端末は、心拍変動データに加え、会話量や紫外線量、皮膚の温度を測定できる他、食事時間の検出や、ボタン操作による第三者への緊急連絡などの機能を搭載。バッテリーで2週間の連続使用が可能だ。

 本システムの活用例としては、従業員の体調見守りに加え、生産ラインでは感情に起因する事故の防止や生産性向上を、交通・物流業ではドライバーの疲労検出や安全運転を、サービス業などでは顧客対応時におけるサービス品質向上を支援できる。また、離職率の高い業種での従業員の感情負荷やストレスの検出や予防を支援する他、会議やセミナー、イベントなどの参加者の盛り上がり度を可視化できる。

 価格は、対象者1人あたり月額1000円から(ウェアラブル端末費や初期費は別途)。なお、本システムで用いている感情認識技術は、名古屋市立大学大学院医学研究科の早野順一郎教授が研究を進めている、健康科学および医学における生体信号のゆらぎ解析の知見に基づいている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20073703


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ