富士通、心臓の挙動を学習できるソフトウェア教材を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、心臓の挙動を学習できるソフトウェア教材を出荷


掲載日:2018/04/16


News

 富士通は4月11日、大学の医学部などの医療・看護系の教育機関向けに、心臓の挙動(心筋の動き、血流、興奮伝播、心電図など)を学習できるソフトウェア教材「Heart Explorer」の出荷を開始した。

 本ソフトウェアでは、心臓の挙動を精緻に再現する心臓シミュレーターを活用して得られた心臓データを3Dモデルで観察・分析できる。教材には、健康な心臓だけでなく、心筋梗塞などの症例ごとのコンテンツも用意され、心疾患についても学習できる。

 主な特長は3つ。1つ目は学習効果に優れた精緻な3Dモデルだ。学習者は視点や断面を自由に設定し、模型では困難な立体構造や内部構造、拍動、血流を3Dモデルで学ぶことができる。さらに可視化機能と解析機能により、心筋から生じる力や血流挙動、興奮伝播もグラフで表示して可視化できる。

 2つ目は、複数の学習要素を関連付けながら同時に学習できること。シミュレーターで再現した体の表面に電極を設置し、電圧を変化させて心電図を表示すると同時に、心臓内に興奮が伝播する様子を可視化でき、両者を関連付けて理解することができる。

 3つ目は、VR(バーチャルリアリティー)技術を用いた臨場感のある心臓の再現だ。3次元立体視ディスプレイ「zSpace 200」(別売り)などを用いて、心臓の立体構造や内部構造、心拍動などを360度立体的に観察できる。また、4Kプロジェクターにつなぐことで、大学の大教室での講義にも活用できる。

 なお、本製品は教育用途向けであり、医療や診断には使用できない。価格は385万円で、アカデミック向けが250万円(いずれも税別)。


出荷日・発売日 2018年4月11日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【ネットスプリング】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 SEALS融資システム 【SCSK】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20073302


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ