マクニカ、NVMe SSDの性能を最大限に活用できるSDSソフトを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マクニカ、NVMe SSDの性能を最大限に活用できるSDSソフトを提供


掲載日:2018/01/31


News

 マクニカは、NVMeプロトコルに対応したSSDの性能を最大限に活用できる、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)ソフトウェア「NVMesh」の取り扱いを開始した。

 Exceleroが提供する本ソフトウェアでは、異なるサーバやストレージ筐体に搭載されたNVMe SSDにアクセスする際の遅延を抑え、同一筐体内にあるNVMe SSDと同等レベルの性能でアクセスできるよう、RDDA(Remote Direct Drive Access)に対応している。また、NVMeに最適化されたスケーラブルで柔軟なブロックストレージファブリックを可能にし、汎用IAサーバを活用したストレージシステムの構築を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ仮想化」関連の製品

ストレージコスト抑制効果4000万円、フルキャストのVDI導入プロジェクト 【ヴイエムウェア】 クラウドストレージ構築ソフトウェア CLOUDIAN HyperStore 【科学情報システムズ】 サイボウズがVDI導入検討時に感じた、ストレージ仮想化への「違和感」とは 【ヴイエムウェア】 800以上の仮想マシンが稼働、アットホームに聞くストレージコストの削減方法 【ヴイエムウェア】 ストレージ運用を効率化する仮想化環境とは? 国際基督教大学に選ぶ改善策 【ヴイエムウェア】
ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化
ストレージコスト抑制効果4000万円、フルキャストのVDI導入プロジェクト 大手クラウドサービスが自社開発するクラウドの技術をパッケージソフトウェアとして製品化。容量制限のないクラウド型のストレージシステムを自社内に構築・運用できる。 サイボウズがVDI導入検討時に感じた、ストレージ仮想化への「違和感」とは 800以上の仮想マシンが稼働、アットホームに聞くストレージコストの削減方法 ストレージ運用を効率化する仮想化環境とは? 国際基督教大学に学ぶ改善策

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072788


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ