鈴与シンワート、奉行シリーズ専用のクラウド基盤を安価に提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


鈴与シンワート、奉行シリーズ専用のクラウド基盤を安価に提供


掲載日:2017/11/24


News

 鈴与シンワートは、オービックビジネスコンサルタント(OBC)の基幹業務システム「奉行シリーズ」専用のクラウド基盤サービス(PaaS)「S-Port Cloud for 奉行」の提供を開始した。

 本サービスでは、クラウド基盤の初期構築(仮想環境の構築、OSのインストール)と、データベース「SQL Server」のセットアップ、「奉行」パッケージのインストール(3タイトルまで)、Officeのインストール、リモートデスクトップ設定、基盤運用などが行われる。また、セキュリティや可用性、耐障害性に優れたクラウド基盤を、同社所有のデータセンターから提供する。

 なお価格は、3ユーザー版が初期費用33万円、月額費用3万3000円、5ユーザー版が初期費用39万円、月額費用3万9000円(いずれも税別、奉行シリーズの購入が別途必要)。これら以外のユーザー数の場合は、必要なサーバスペックなどを相談の上、個別見積もりとなる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

「IT as a Service」がハイブリッドクラウドの効果を最大化するわけ 【日本アイ・ビー・エム】 グローバルIP-VPN/マネージドICT/クラウドサービス 【シンガポールテレコム・ジャパン】 国内でも進むハイブリッドクラウドへのシフト、3つの課題を解決する条件とは 【富士通株式会社】 仮想アプリも仮想デスクトップも、全てのワークスペースをクラウドから利用する 【シトリックス・システムズ・ジャパン】 Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた 【日本オラクル株式会社】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
「IT as a Service」がハイブリッドクラウドの効果を最大化するわけ グローバル展開を迅速化!その企業が頼りにした“クラウド”とは 国内でも進むハイブリッドクラウドへのシフト、3つの課題を解決する条件とは 仮想アプリも仮想デスクトップも、全てのワークスペースをクラウドから利用する Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072365


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ