KDDI、IoT向けに省電力・広域・安価なLTEモバイル通信を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI、IoT向けに省電力・広域・安価なLTEモバイル通信を提供


掲載日:2017/11/21


News

 KDDIは2018年1月、携帯電話網を活用したIoT向け通信サービス「KDDI IoTコネクト LPWA(LTE-M)」の提供を開始する。価格(税別)は、契約が500万回線を超える場合で1回線あたり月額40円から(1回線の場合は月額100円から)。

 本サービスは、既存の4G LTEネットワークで利用できるため、広いエリアで安定的な通信が期待でき、対応端末があればゲートウェイ機器の設置も不要だ。

 主な特長は3つ。1つ目は消費電力が低いことだ。電源のない環境でも電池駆動でさまざまな機器をIoT化できるので、ガスや水道などのスマートメーター、物流やウェアラブルなど、さまざまな分野での活用が図れる。そのために、2つの低消費電力技術を搭載。1つは待受時の電波サーチ頻度を下げる「eDRX(extended Discontinuous Reception)」、もう1つは指定した期間の電波サーチを止める「PSM(Power Saving Mode)」だ。

 2つ目は、より遠くに、そして建物の奥深くまで届くこと。基地局から端末までの伝送距離を伸ばすために、データを複数回再送することで送受信成功率を向上させるカバレッジ拡張技術を用いている。

 3つ目は、さまざまな回線管理を、Web上のサービスポータルから遠隔で行えることだ。SIMカードをオンラインで発注できるほか、通信回線の一時停止や再開、利用終了などを管理できる。また、通信データ量をリアルタイムに監視できる上、トラフィックレポートや課金ログ、回線状態一覧などの各種レポートをダウンロードできる。

 さらに、セキュリティを強化するオプションも用意。回線管理プラットフォームとユーザーのサーバとの間を、インターネットVPN(IPSec-VPN)で接続することが可能だ。また、SIMカード内に格納された認証用の鍵とアプリケーションを活用することで、暗号化された通信路にデバイス認証を付加でき、サーバへの不正アクセスなどを防げる。

 なお、本サービスに対応した通信モジュールやIoTデバイス管理サービスも併せて提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「モバイル通信サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル通信サービス」関連情報をランダムに表示しています。

「モバイル通信サービス」関連の製品

「IT+人事」で実現、優秀な社員が働き続けたくなる職場の作り方 【デル】
モバイル通信サービス
「IT+人事」で実現、優秀な社員が働き続けたくなる職場の作り方

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072339


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ