富士ゼロックス、文書共有クラウドの容量を拡大、安全性も強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ゼロックス、文書共有クラウドの容量を拡大、安全性も強化


掲載日:2017/11/09


News

 富士ゼロックスは、文書共有クラウドサービス「Working Folder」「Working Folder Plus」をバージョンアップした。

 今回のバージョンでは、価格を据え置いたまま、キャビネット容量を拡大した。Working Folderの基本サービスで100GB(最大5TBまで拡張可)、Working Folder Plusの基本サービスで600GB(最大50TBまで拡張可)の文書を格納できる。

 また、セキュリティなどのサービス基盤を強化するために、プラットフォームとして「Amazon Web Services」を採用。ユーザーの業務を止めないよう、十分な機器構成と運用体制での提供を図っている。

 なお、基本サービス(10ユーザー)の価格は、Working Folderが月額3500円、Working Folder Plusが月額1万1500円(いずれも税別)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

「建前からの脱却」で生産性向上――働き方改革実現に必要な風土改革とは? 【Sansan】 働き方改革を“名刺管理”から始めると全社に定着しやすいのはなぜか? 【Sansan】 企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】 ビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション推進のための方策とは? 【Sansan】 名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か? 【Sansan】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
「建前からの脱却」で生産性向上――働き方改革実現に必要な風土改革とは? 働き方改革を“名刺管理”から始めると全社に定着しやすいのはなぜか? 複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。 ビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション推進のための方策とは? 名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072264


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ