レンジャーシステムズ、Wi-Fi通信プロトコルの脆弱性対策を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レンジャーシステムズ、Wi-Fi通信プロトコルの脆弱性対策を提供


掲載日:2017/10/30


News

 レンジャーシステムズは、「WPA2」をはじめとするWi-Fi通信プロトコルの脆弱(ぜいじゃく)性対策に利用できるWi-Fiセキュリティセンサー「AIRTMS」の提供を開始する。

 本製品は、Wi-Fi空間全体を常時監視し、正規ネットワークとは別に攻撃者が開設するクローンネットワークなどさまざまなWi-Fiセキュリティリスクの発生を即座に検知して、端末の接続を遮断する機能を備えている。これにより、攻撃のきっかけを作らせずにセキュリティリスクを未然に排除でき、認証や暗号化に留まらない包括的なWi-Fiセキュリティ対策を構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

サイバー攻撃検知ネットワークセンサー 「VISUACT-X」 【ギガ+他】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】 サイバー攻撃は「破壊」「恐喝」へ──調査で分かった「サイバー復旧」の現状 【EMCジャパン株式会社】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 中国から日本国内へのデータの越境、そのリスク管理のために採るべき方策は? 【IIJグローバルソリューションズ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
発見することが困難な、ITシステム内部に侵入してしまった高度なサイバー攻撃の検知を、独自のWindows解析技術で実現したネットワークセンサー。 クラウドのセキュアWebゲートウェイでのサイバー攻撃対策。Webフィルタリングやマルウェア配布サイトへのアクセス制御、C&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策。 セキュリティ調査で見えた、日本と欧米の“サイバー復旧”の差 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 中国から日本国内へのデータの越境、そのリスク管理のために採るべき方策は?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072194


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ