NTT-AT、無線LAN APの高密度配置環境でも通信品質を向上可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-AT、無線LAN APの高密度配置環境でも通信品質を向上可能に


掲載日:2017/10/26


News

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は11月1日、協調型無線LANシステム「WiConductor」の提供を開始する(オープン価格)。スタジアムや学校、ショッピングモールなど、無線LANのアクセスポイント(AP)が高密度で配置される環境下でも通信品質を向上できる。

 本システムは、多数の無線LAN APを集中制御するために、最適な無線リソースを計算する制御エンジンと、その配下で動作するAPからなる。無線環境情報を自動的に収集し、AP同士の干渉を回避するための設定をAPに施すことで、高密度AP配置環境のうちで通信品質が低いエリアを底上げし、全体的な無線LAN品質の向上を図ることができる。特定のエリアのみ通信品質を高める“プレミアムエリア”の構築も可能だ。

 複数ベンダーのAPに対応するため、既設/新設を問わず、要望に柔軟に対応できる(APは事前に制御エンジンへのライブラリ登録と動作検証が必要)。また、無線環境情報データがあれば、制御エンジンを用いてシミュレーションを行う置局設計支援サービスも提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

非管理デバイスに多層防御を実現、UTMの課題を解消する無線LANセキュリティとは 【ユニアデックス】
無線LAN
非管理デバイスに多層防御を実現、UTMの課題を解消する無線LANセキュリティとは

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072168


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ