日立産業制御、製造業のIoTの拠点間通信を暗号化する機器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立産業制御、製造業のIoTの拠点間通信を暗号化する機器を発売


掲載日:2017/10/25


News

 日立産業制御ソリューションズは10月20日、製造業向けに、IoT(モノのインターネット)機器などのデータ通信を保護する暗号化アプライアンス製品「S.COATBOX/DS」を発売した。

 本製品を、通信拠点ごとの既存のインターネット環境にゲートウェイとして設置することで、拠点間のデータ通信のセキュリティを高め、情報漏えいや改ざんを防ぐことができる。暗号化されたデータを平文にすることなく、異なる暗号鍵で再暗号化する「鍵付け替え技術」を採用した暗号化・復号ソフトウェアを利用できる。また、認証処理や通信プロトコル制限がなく、業務アプリケーションへの影響を抑えられる。

 運用管理の面では、本製品は拠点ごとにゲートウェイとして設置されるため、IoT機器やサーバ、PC、制御装置など、個々の機器への暗号化に関する設定が不要だ。暗号化通信の各種設定は管理サーバから一元的に設定でき、運用開始や増設作業の手間を削減できる。また、鍵管理サーバにより鍵の更新が自動で行われるため、更新漏れなどによるセキュリティリスクを低減できる。

 長寿命や省スペース化のために、ハードウェアとして日立の産業用コンピュータを採用。24時間連続稼働可能な信頼性を備えているほか、故障の際に製品をメーカーに送ることで修理・返送されるセンドバック修理に7年間対応する。また、A5サイズ相当の小型ボックス形状で、組み込みが容易になるよう、ファンとディスクは非搭載となっている。


出荷日・発売日 2017年10月20日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 暗号化/マルウェア対策/ランサムウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 企業の情報セキュリティを大幅に底上げ 「特権ID管理ツール」の実力を知る 【ゾーホージャパン】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
PCや記録メディア、ファイルサーバのデータを暗号化。
安全性が確認できるプログラムのみ、機密データやOS管理領域へのアクセスを許可する。
企業の情報セキュリティを大幅に底上げ 「特権ID管理ツール」の実力を知る ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072155


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ