パロアルトネットワークス、CASB新版でAWSなど対応アプリを拡張

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パロアルトネットワークス、CASB新版でAWSなど対応アプリを拡張


掲載日:2017/10/24


News

 パロアルトネットワークスは、クラウドセキュリティサービスであるCASB(Cloud Access Secuity Broker)「Aperture」の新版の提供を開始した。

 本サービスは、ユーザーエクスペリエンスやネットワークインフラストラクチャの変更に影響を与えずに、データがどのように共有されているかを分析、制御することで、企業のSaaSアプリケーション内のデータを管理する。ポリシー違反が発生した場合はセキュリティポリシーを迅速に適用、フォルダやデータを隔離し、即座にセキュリティチームへ不審な振る舞いの存在を警告する。

 今回の新版では、情報漏えいの阻止や、管理者が行う危険または疑わしい操作の監視、セキュリティの誤設定やマルウェア拡散の防止などのための機能強化が行われている。

 主な新機能は4つ。1つ目はクラウド基盤「AWS(アマゾン ウェブ サービス)」に対応したことだ。「Amazon EC2(Elastic Compute Cloud)」「AWS IAM(Identity and Access Management)」「Amazon S3(Simple Storage Service)」に対応し、AWS上でのマルウェアからの防御や、適切なデータガバナンスポリシーの適用による不適切な使用の制御が可能になっている。

 2つ目は、クラウドサービス「Office 365」のメールシステム「Exchange」に対応したこと。Office 365内のメールのコンテンツや添付ファイルに対するスキャン機能が追加され、コンプライアンス違反やマルウェア、利用者のなりすまし、データ漏えいを探索できるようになった。

 3つ目は、クラウドグループウェア「G Suite」向けのアプリ市場「G Suite Marketplace」全体にわたってポリシー制御を適用できるようになったことだ。Marketplace経由の標的型フィッシング攻撃やマルウェア、不審なデータ共有からの防御が可能になった。その他、対応SaaSアプリケーションに「Citrix ShareFile」「Atlassian Confluence」「Jive」などが追加された。

 4つ目は、SIEM(セキュリティ情報・イベント管理)との連携に対応したこと。SyslogサーバやAPIクライアントと連携するような設定が可能となり、イベント情報を外部Syslogサーバにプッシュしたり、本サービスからREST API経由でイベント情報にアクセスしたりすることができる。

 その他、SaaSアプリケーション内で不審な振る舞いが検出された場合、管理者に警告する機能が装備された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

ブラウザからの感染を防ぐ、リモートブラウザ分離ソリューションとは? 【アシスト】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ 【富士通株式会社】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
ブラウザからの感染を防ぐ、リモートブラウザ分離ソリューションとは? 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
ハイパーコンバージドインフラで高セキュリティを実現するには?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072145


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ