セキュアブレイン、モバイルアプリ用のなりすまし検知SDKを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セキュアブレイン、モバイルアプリ用のなりすまし検知SDKを発売


掲載日:2017/10/23


News

 セキュアブレインは10月19日、モバイル向けアプリケーションに、なりすましログインの検知機能を組み込むことが可能なSDK(ソフトウェア開発キット)「MORE」を発売した。

 XTNが提供する本製品では、モバイル端末を操作するさまざまな人の動的要素(腕の高さ、腕の動きのスピード、端末の角度など)や端末のOS、地理的要素、ネットワーク環境(通常使用しているWi-Fiかなど)、端末内ファイルのロボット的な動作など、数百のパラメーター情報を収集。機械学習技術によるリスクスコアで判定することで、通常とは異なる利用者であることを検知し、なりすましログインをリアルタイムで企業に通知する。

 Webベースのコンソールで、疑わしい動作の確認や統計情報の管理を行える。モバイル端末上に検知アラートなどは表示せず、ユーザーエクスペリエンスには介入しない。その他、マルウェア検知機能なども備えている。


出荷日・発売日 2017年10月19日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 安全なクラウド環境を構築するための「5大原則」──Azureでの実装方法 【日本マイクロソフト+他】 クラウド標準のセキュリティで大丈夫? 「責任共有」の限界と具体的な脅威対策 【日本マイクロソフト+他】 大企業でなくても特権ID管理製品を導入可能、機能とコストを両立できた理由は? 【ゾーホージャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 安全なクラウド環境を構築するための「5大原則」──Azureでの実装方法 クラウド標準のセキュリティで大丈夫? 「責任共有」の限界と具体的な脅威対策 大企業でなくても特権ID管理製品を導入可能、機能とコストを両立できた理由は?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072139


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ