DNP、文書制作・管理システムに差分比較・校正管理機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、文書制作・管理システムに差分比較・校正管理機能を追加


掲載日:2017/10/20


News

 大日本印刷(DNP)は、「DNPドキュメント制作・管理システム PROMAX NEO」に、印刷物の校正向けの差分比較機能を追加し、発売した。法令や元号の改正に伴う文書の一斉改訂作業を支援する。

 本システムは、金融機関や保険業界など、全国に店舗や拠点を展開し、大量の印刷物やWord文書などを使用する企業などに向けたものだ。企業の複数部門で保有している各種の文書データから、元号などのキーワードで検索することで、改訂が必要な箇所を抽出し、その中から改訂する文書を選択して、旧元号から新元号などに一括で改訂することができる。

 制作部門が作成、改訂した文書を、他の部門の承認者がシステム上で確認して承認/否認できる。また、改訂作業ごとにバージョン管理を行い、変更箇所を明示した新旧対照表を自動で作成することができる。Word/Excel/PDFファイルに標準で対応するほか、その他のファイル形式にも、システム独自のテンプレートを登録することで対応できる。

 今回の新機能では、精密差分検査と校正管理の機能をWeb上で利用でき、印刷物の制作者や承認者の校正業務効率化と精度向上が図れる。なお価格は、初期費用が1200万円、運用費用が月額55万円、更新費用が年額118万円。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは 【パナソニック ソリューションテクノロジー】 ATOK、一太郎で培われた言語処理技術を集結 校正支援ツールの劇的な効果 【ジャストシステム】 文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは ATOK、一太郎で培われた言語処理技術を集結 校正支援ツールの劇的な効果 紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072127


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ