日本IBM、システム復旧を自動化するソフトウェアを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、システム復旧を自動化するソフトウェアを提供


掲載日:2017/10/17


News

 日本IBMは11月1日、システムトラブルや災害時の復旧を自動化するソフトウェア「IBM レジリエンシー・オーケストレーション」の提供を開始する。価格は12万3800円(税別)から。

 本ソフトウェアは、個々のシステム単位で本番環境から復旧環境へ切り替える従来の方法ではなく、業務単位でシステム復旧を捉えて復旧手順を標準化し、人を介さず自動的に復旧できるようにする。既存の復旧の仕組みを生かしながら、新たな復旧のシステムを構築するため、コストを抑えた対策が可能だ。また、復旧のプロセスをダッシュボードで可視化できるため、復旧状況を把握しやすくなる。さらに、本番環境を停止せずに切替のシミュレーションを行え、復旧の訓練を支援する。

 ソフトウェアとして提供されるため、要件に合わせて柔軟に復旧の環境を構築できる。また、運用支援までを含めたサポートを求めるユーザー向けに、クラウドサービス「IBM クラウド・レジリエンシー・オーケストレーション」も用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 ソフトウェア:12万3800円(税別)から

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Citrix製品の高度なサポートから延命保守まで対応、認定パートナーの5つの強み 【アシスト】 「3〜5年でのリプレース」を止めてITコストを劇的に下げる方法とは? 【カーバチュア・ジャパン】 IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】 HPEが“持ち出し”も辞さない「IT投資保護」プログラムを開発した理由 【日本ヒューレット・パッカード】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
Citrix製品の高度なサポートから延命保守まで対応、認定パートナーの5つの強み 「3〜5年でのリプレース」を止めてITコストを劇的に下げる方法とは? 非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法 システムの運用管理基準ITIL、注目の「ライフサイクル管理」とは? コモディティ化が速いITインフラでハコモノと技術を買うのはナンセンス。とはいえハコが不要なわけではない。IT投資を無駄にしないために、われわれは「何」を買うべきか。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072103


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ