CTC、サイバー攻撃検知時の初動対応を支援するサービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTC、サイバー攻撃検知時の初動対応を支援するサービスを開始


掲載日:2017/10/16


News

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、サイバー攻撃に伴うセキュリティインシデント(事案)が発生した際の初動対応を支援する「インシデントハンドリング初動対応サービス」を開始する。価格は月額50万円から。

 本サービスでは、セキュリティアラートの通知を専門チームが受けて、必要に応じて遠隔からシステムのログを調査し、インシデントの発生有無や影響範囲の判断、被害を最小限に抑えるためのオペレーションなどを実施する。同社がセキュリティチームの派遣やマルチベンダーでのシステム運用などで蓄積したノウハウに基づいて支援を行う。

 なお本サービスは、同社のセキュリティ監視・運用サービス「CTCマネージド・セキュリティ・サービス(CTC-MSS)」のオプションメニューとして提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額50万円から

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

中国から日本国内へのデータの越境、そのリスク管理のために採るべき方策は? 【IIJグローバルソリューションズ】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 サイバー攻撃は「破壊」「恐喝」へ──調査で分かった「サイバー復旧」の現状 【EMCジャパン株式会社】 サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 サイバー攻撃検知ネットワークセンサー 「VISUACT-X」 【ギガ+他】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
中国から日本国内へのデータの越境、そのリスク管理のために採るべき方策は? 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 セキュリティ調査で見えた、日本と欧米の“サイバー復旧”の差 億を超える賠償もあり得るサイバー攻撃被害、保険でどこまでカバーできるのか? 発見することが困難な、ITシステム内部に侵入してしまった高度なサイバー攻撃の検知を、独自のWindows解析技術で実現したネットワークセンサー。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072093


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ