安川情報システム、故障予知サービスをプラントなどにも拡大

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


安川情報システム、故障予知サービスをプラントなどにも拡大


掲載日:2017/10/10


News

 安川情報システムは10月2日、故障予知サービス「MMPredict」で、プラントなどの施設向けモデルの提供を開始した。複数の設備で構成される施設の故障予兆を統合的に捉えることができる。

 今回提供されるプラントモデルでは、施設全体に設置された複数の設備における、センサーの相関関係を統合的に機械学習し、正常モデルを作成。そのモデルとの乖離度を監視することで、故障の予兆を捉え、通知する。さらに、その異常を検知したセンサーの情報を併せて提供することで、保守担当者が故障箇所を推定できるようになり、保守効率の向上が図れる。

 「知見追加学習機能」も搭載。AI(人工知能)が検知する故障予兆の中に含まれる、技術者が見ると正常稼働の範囲内のものに対し、知見を追加学習させることで、故障予知の精度を向上できる。これにより、直近の稼働状況を学習した後、使いながら育てることができるため、比較的短い導入期間で本サービスの利用を開始できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 「IFRS9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは 【SAS Institute Japan】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 先進事例で知る「IFRS 9」移行がもたらす幾つもの課題と解決すべき最優先事項 【SAS Institute Japan】 誤発送の許されない健康診断結果、佐賀県産業医学協会は自動化でリスクを解消 【ピツニーボウズジャパン】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 「IFRS 9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは 全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 先進事例で知る「IFRS 9」移行がもたらす幾つもの課題と解決すべき最優先事項 誤発送の許されない健康診断結果、佐賀県産業医学協会は自動化でリスクを解消

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072047


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ