CTC、IaaS型仮想化基盤に専有型ストレージサービスを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTC、IaaS型仮想化基盤に専有型ストレージサービスを追加


掲載日:2017/10/06


News

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、IaaS型仮想プラットフォーム「TechnoCUVIC VP(Virtual Platform)」に、ユーザー専用のストレージ領域を提供するサービスを追加した。

 TechnoCUVIC VPは、クラウドサービス上にユーザーが仮想サーバを自由に設計・構築できる、ユーザー専用の仮想化・統合化プラットフォームだ。

 今回追加された専有型ストレージサービスでは、仮想化基盤における共有ストレージの代わりに物理サーバのディスクを利用する「VMware vSAN」を利用する。これにより、他のユーザーからの影響を排除し、安定的にサービスを利用できるほか、セキュリティやメンテナンスなどについて、ユーザーの個別要件に合わせた設定が可能になる。

 また、サーバとストレージの両方をユーザー専有の環境として用意することにより、共有型クラウドの場合にオンプレミスのシステムとの連携で課題となるソフトウェアバージョンの不一致を解消でき、ハイブリッド環境での柔軟な利用が可能となる。

 なお価格は、最小構成の6ホスト(物理サーバ)で月額118万2000円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「伊藤忠テクノソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

仮想アプリも仮想デスクトップも、全てのワークスペースをクラウドから利用する 【シトリックス・システムズ・ジャパン】 今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 【インテル】 NIFTY Cloud/ニフティクラウド(パブリック型クラウドサービス) 【富士通クラウドテクノロジーズ】 OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは? 【インテル】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
仮想アプリも仮想デスクトップも、全てのワークスペースをクラウドから利用する 今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由 ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 国内最大級!5,000件以上の導入実績を誇るパブリッククラウド
◆卓越したパフォーマンスと信頼性・柔軟性
◆24h/365日対応の電話サポート
◆使いやすいコントロールパネル
OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072043


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ