NEC、業務システム構築基盤を強化し開発高速化や保守効率化を支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、業務システム構築基盤を強化し開発高速化や保守効率化を支援


掲載日:2017/10/04


News

 NECは、業務アプリケーション開発の効率化を支援する業務システム構築基盤ソフトウェア「SystemDirector Enterprise」の機能を強化した。

 今回の主な強化点は3つ。1つ目は、継続的な高速開発を可能にするために、アジャイル開発やDevOps(開発と運用の連携)を支援する新製品「SystemDirector Enterprise for DevOps」をラインアップに追加したことだ。具体的には、開発から運用へシームレスかつ高速に実行できる機能などを、開発・運用基盤として整備した。

 2つ目は、開発のコスト低減や納期短縮を支援する機能を強化したことだ。既存の3製品「for Java」「for Smart Device」「for Batch」に、プログラムや設計書の自動生成機能を装備したことで、外部公開APIと連携したモバイルアプリケーションのGUIベースでの開発を支援する。for Javaとfor Smart Deviceでは、画面の要件確認と修正を短いサイクルで繰り返し行える設計ツールを機能強化し、モバイル機器向けにも最適化できるレスポンシブWebデザインに対応するようにした。また、for Batchでは、Javaバッチ処理用フレームワーク「jBatch」に対応したバッチアプリケーションの開発支援機能が強化された。

 3つ目は、ソースコードなどを基にシステム内の資産を可視化し、業務アプリケーション保守の効率化を支援する「SystemDirector Enterprise Asset Innovation Suite」の機能を強化したことだ。具体的には、COBOL言語などのプログラムを用いた業務アプリケーション資産の分析に対応したほか、アプリケーションの類似資産診断などの機能が追加され、多角的な資産棚卸や品質リスクの把握を支援する。また、Web UI機能などの追加により、操作性と利便性の向上も図られている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発環境/BaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発環境/BaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「開発環境/BaaS」関連の製品

データ統合でオムニチャネル戦略を拡大、新興Eコマース企業の躍進を支えるiPaaS 【Dell Boomi】 膨大なデータ処理でオンプレミスに限界……教育プロバイダーが取った解決法は? 【Dell Boomi】 EC企業は「EDIのクラウド化」をいつ行うべきか? 注視すべき7つの危険信号 【Dell Boomi】 あらゆるアプリを相互接続、データ同期とプロセス自動化を実現する統合基盤 【Dell Boomi】 クラウド時代のアプリケーション開発をさらに高速化するカギはADCにあり 【F5ネットワークスジャパン】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
データ統合でオムニチャネル戦略を拡大、新興Eコマース企業の躍進を支えるiPaaS 膨大なデータ処理でオンプレミスに限界……教育プロバイダーが取った解決法は? EC企業は「EDIのクラウド化」をいつ行うべきか? 注視すべき7つの危険信号 あらゆるアプリを相互接続、データ同期とプロセス自動化を実現する統合基盤 クラウド時代のアプリケーション開発をさらに高速化するカギはADCにあり

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20072019


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ