アンテナハウス、PDFソフトの新版で本文の直接編集などを可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アンテナハウス、PDFソフトの新版で本文の直接編集などを可能に


掲載日:2017/10/02


News

 アンテナハウスは10月27日、PDF編集ソフトの新版「瞬簡PDF 編集 7」と、PDF作成ソフトの新版「瞬簡PDF 作成 8」を発売する。

 PDF編集ソフトの「瞬簡PDF 編集」では、PDFの結合やページ入れ替え、注釈編集など、PDF編集作業全般を行える。今回の新版の主な新機能や強化点は5つ。1つ目は本文編集機能だ。PDFの本文テキストをワープロ感覚で直接編集できるほか、画像の移動や拡大縮小、削除なども行える。2つ目は注釈関連機能。PDF上の全注釈がリスト表示される注釈一覧が追加され、コメントの編集や返信、削除、注釈一覧PDF生成などが可能になった。スタンプ注釈の編集や、新しいスタンプの追加も可能だ。

 3つ目は、幾つかの編集ツールを搭載したことだ。自動タグ付けが可能なタグ編集ツールや、複数のファイルを1つのPDFにまとめる「ポートフォリオ」や電子封筒を作成できるツール、PDFの長期保存に対応した「PDF/A-2b」への変換や準拠確認ができるツールを備えている。そのほか、AdobeのPDFソフト「Acrobat」で付けたヘッダ・フッタや透かしの修正や削除が可能になった。また、作業スペースに複数のドキュメントを登録しているときの起動速度も向上した。

 PDF作成ソフトの「瞬簡PDF 作成」は、アプリケーションの印刷メニューからPDFを作成できる仮想プリンタドライバを搭載している。また、Word/Excel/PowerPointなどの文書の一括PDF変換や、作成したPDFファイルの結合や分割、PDFの文書情報の設定、PDFセキュリティの設定や解除などを行えるツールも備えている。

 今回の新版の主な強化点は2つ。1つ目は仮想プリンタドライバが新版になったことだ。カラーの原稿からPDFを作成する際に、モノクロ(白黒2値)やグレースケールに変換して出力できる。また、PDF/A-2bや、印刷用データとして利用可能な「PDF/X-4」を出力できるほか、PDF出力時に同名のファイルがあった場合、ファイル名に連番を付けられる。

 2つ目は、ツールアプリに便利なオプションを追加したこと。PDFの白紙ページの削除や、処理後に元のPDFをゴミ箱へ移動することが可能だ。また、複数のワークシートがあるExcelファイルをPDFに変換する際、出力するワークシートを「選択されたシート」「ワークブック全体」「シートごとに出力」から指定できるようになった。

 なお、両ソフトを含む5つのPDF製品を同梱した「瞬簡PDF 統合版 10」も同時に発売される。


出荷日・発売日 2017年10月27日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PDFソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PDFソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「PDFソフト」関連の製品

高機能PDFソフトウェア 「Foxit PhantomPDF」 【FoxitJapan】 PDF帳票生成エンジン SVF for PDF 【ウイングアーク1st】
PDFソフト PDFソフト
PDF作成・編集や、注釈、フォームデザインなどの各種機能はもちろん、ビジネスに欠かせない堅牢なセキュリティ機能を備えた高機能・超高速のPDF作成・編集ソフトウェア。 日本固有の緻密な帳票を生成するPDFエンジン。高精細かつピーク時の同多重アクセスへの対応により、バーコードや画像の貼付けなどハイグレードなPDFの活用・効率化を支援。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20071996


IT・IT製品TOP > PCソフト > PDFソフト > PDFソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ