ワイドテック、IT運用自動化製品をネットワーク機器の管理に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワイドテック、IT運用自動化製品をネットワーク機器の管理に対応


掲載日:2017/09/14


News

 ワイドテックは、IT運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」に、ネットワーク機器を対象とした自動化機能を追加し、10月から順次提供を開始する。

 本ソリューションは、WindowsやLinuxから各種商用UNIXまで、さまざまなOSに対応する。テンプレートを用いて迅速かつ容易に導入できるほか、扱いやすいユーザーインタフェースを備えている。今回追加する機能では、ルーターやL2/L3スイッチなどのネットワーク機器に対し、動作情報の収集や各種コマンドの送信を自動的に行える。

 具体的には、ネットワーク機器設定の一括した適用や変更を、GUIベースの管理画面上からの操作で実施できる。あらかじめ設定したスケジュールに基づく自動実行も可能だ。また、SSHまたはTelnetを介してネットワーク機器のステータス情報を収集でき、その情報に応じて適切なコマンドを自動的に送信できる。

 対応する主な機器ベンダーはCisco Systems、Juniper Networks、アライドテレシス、ヤマハ。今後も追加される予定だ。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

大規模通信障害時こそ差がつく リスクを抑えるプロバイダー選び4つのポイント 【インターナップ・ジャパン】 ネットワークの遅延による危機を救う、エッジコンピューティングとは 【シュナイダーエレクトリック】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】 BGPの限界を超える 大規模通信障害時にも威力を発揮する“最適経路選択”技術 【インターナップ・ジャパン】 変化に対応できないネットワークの限界を広げる「プログラマブル」なアプローチ 【テルストラ・ジャパン】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
大規模通信障害時こそ差がつく リスクを抑えるプロバイダー選び4つのポイント ネットワークの遅延による危機を救う、エッジコンピューティングとは システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。 BGPの限界を超える 大規模通信障害時にも威力を発揮する“最適経路選択”技術 変化に対応できないネットワークの限界を広げる「プログラマブル」なアプローチ

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20071886


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ