シナジー、VMware環境向けバックアップ仮想アプライアンスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シナジー、VMware環境向けバックアップ仮想アプライアンスを発売


掲載日:2017/09/11


News

 シナジーは9月6日、VMware環境向けバックアップソフトウェア「Archiware Pure」を発売した。

 Archiwareが提供する本ソフトウェアは、VMware環境下の仮想マシン(VM)の1つとして動作し、同じホスト上に同居する各種仮想マシンをバックアップする。仮想アプライアンスのため5分程度で導入できるほか、WebブラウザからGUIで操作でき、導入、運用ともシンプルに行える。

 バックアップは自動的に行われる。各処理ごとにバックアップの検証を行うベリファイが実行されるため、より確実に仮想マシンとそのデータをバックアップできる。また、変更されたブロックを監視、追跡することにより、バックアップデータの転送を最適化できる。VM単位、VMDK(仮想マシンディスク)、または単一ファイルの復元に対応する。

 価格は5万7500円(税別)で、テクニカルサポートとバージョンアップを行う保守サービスの初年度分が付帯する。次年度以降は要更新だ。


出荷日・発売日 2017年9月6日 発売
価格 5万7500円(税別、初年度保守込み)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方 【Veeam Software Japan 株式会社】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20071857


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ