日本IBM、複数ベンダー対応セキュリティ運用監視サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、複数ベンダー対応セキュリティ運用監視サービスを提供


掲載日:2017/08/25


News

 日本IBMは10月1日、マルチベンダー環境に対応するセキュリティ運用・監視のクラウドサービス「Intelligent Security Monitoring(ISM)」と「Intelligent Log Management(ILM)」の提供を開始する。

 ISMは、ネットワーク機器やサーバ、アンチウイルスソフトなどさまざまな製品のログを収集し、保管・閲覧環境を提供する。また、これらのログから対応が必要な攻撃を検出し、監視する。攻撃の検出には、セキュリティインテリジェンス製品「IBM Security QRadar」を用いる。同製品では、セキュリティイベントだけでなく、ネットワークのフロー情報の解析、自動正規化、分析、フォレンジック、アクティビティーや振る舞い分析などが可能だ。

 本サービスでは、同社のSOC(セキュリティオペレーションセンター)のアナリストが24時間365日体制で監視・分析を行う。また、マルチベンダー環境に対応しているため、グローバルに展開される攻撃に対して、同社のみならず他社製品も含めた広範囲なシステム領域のサポートが可能になっている。価格は、月額57万8100円から(税別)だ。

 ILMは、セキュリティ監査対応などのためのログ管理に特化したサービスだ。各種ログをクラウド環境に保管して閲覧環境を提供することで、セキュリティ監査への対応を支援する。価格は、月額18万5100円から(税別)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

サイバー攻撃からの復旧はDRではない──そのデータを確実に復旧する方法 【EMCジャパン株式会社】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 予防偏重から、事後も視野に入れた「ビジネス」のためのセキュリティ対策を 【日本アイ・ビー・エム】 シマンテック SSL サーバ証明書 【シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
サイバー攻撃による巨額の損失を防ぐ、“復旧”に必要な技術要素 クラウドのセキュアWebゲートウェイでのサイバー攻撃対策。Webフィルタリングやマルウェア配布サイトへのアクセス制御、C&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策。 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 セキュリティの重要性が認識される一方で、残念ながら情報漏えいやマルウェア感染は後を絶たない。いざインシデントが発生した際に影響を最小化することが重要だ。 最新ウェブサイト攻撃の被害データと攻撃傾向を徹底解説

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20071740


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ