提携:MKIなど、SAP ERP向けPaaS基盤の構築・運用サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:MKIなど、SAP ERP向けPaaS基盤の構築・運用サービスを提供


掲載日:2017/08/09


News

 三井情報(MKI)は、Velocity Technology Solutionsと協業し、SAP ERP向けのPaaS基盤提供サービス「MKI PaaSレイヤー・マネージドサービス for SAP ERP」を8月に開始する。PaaS基盤の提供と運用をVelocityが行い、ローカライズや販売、問い合わせ窓口での対応、1次切り分けなど、全体的な管理をMKIが行う。

 本サービスでは、VelocityのERPマネージドサービスを活用する。SAPの標準環境でのERP構築も、自動化技術により1日で完了する。SLAもハードウェアやOS部分だけでなく、SAPのERP部分まで含めて99.75%の稼働率を定義しているため、安定的な運用が可能だ。また、アマゾン ウェブ サービス(AWS)をベースにしていることから、事業規模が大きくなってリソースがさらに必要になった場合でも、差額を支払って柔軟にリソースを変更することができる。

 こうしてPaaS領域を両社が担うことで、エンドユーザーやSIベンダーは、より独自の知見が必要となるアプリケーション領域にリソースを集中することが可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

FIT-Cloudサービス 【北電情報システムサービス】 最新クラウド戦略:ベストプラクティスとともに基礎から応用までを徹底解説 【日本マイクロソフト】 事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方 【インターネットイニシアティブ+他】 オンプレミスを「消費型モデル」で利用する、柔軟で俊敏な次世代IT基盤 【日本ヒューレット・パッカード】 NIFTY Cloud/ニフティクラウド(パブリック型クラウドサービス) 【富士通クラウドテクノロジーズ】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
自然災害の少ない富山県に立地する高信頼のデータセンターを活用したクラウドサービス。仮想化インフラの構築から運用管理までのトータルサービスで、BCP対策を支援。 最新クラウド戦略:ベストプラクティスとともに基礎から応用までを徹底解説 事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方 オンプレミスのIT環境を従来の所有型モデルから、使った分だけ支払う消費型モデルへと移行するメリットは計り知れないほど大きい。そのメリットと構築のポイントを解説する 国内最大級!5,000件以上の導入実績を誇るパブリッククラウド
◆卓越したパフォーマンスと信頼性・柔軟性
◆24h/365日対応の電話サポート
◆使いやすいコントロールパネル

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20071642


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ