提携:MKIなど、SAP ERP向けPaaS基盤の構築・運用サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:MKIなど、SAP ERP向けPaaS基盤の構築・運用サービスを提供


掲載日:2017/08/09


News

 三井情報(MKI)は、Velocity Technology Solutionsと協業し、SAP ERP向けのPaaS基盤提供サービス「MKI PaaSレイヤー・マネージドサービス for SAP ERP」を8月に開始する。PaaS基盤の提供と運用をVelocityが行い、ローカライズや販売、問い合わせ窓口での対応、1次切り分けなど、全体的な管理をMKIが行う。

 本サービスでは、VelocityのERPマネージドサービスを活用する。SAPの標準環境でのERP構築も、自動化技術により1日で完了する。SLAもハードウェアやOS部分だけでなく、SAPのERP部分まで含めて99.75%の稼働率を定義しているため、安定的な運用が可能だ。また、アマゾン ウェブ サービス(AWS)をベースにしていることから、事業規模が大きくなってリソースがさらに必要になった場合でも、差額を支払って柔軟にリソースを変更することができる。

 こうしてPaaS領域を両社が担うことで、エンドユーザーやSIベンダーは、より独自の知見が必要となるアプリケーション領域にリソースを集中することが可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた 【日本オラクル株式会社】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 仮想アプリも仮想デスクトップも、全てのワークスペースをクラウドから利用する 【シトリックス・システムズ・ジャパン】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける? Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 パブリッククラウド主要3社を比較、性能・価格に優れたIaaSはどれ? 仮想アプリも仮想デスクトップも、全てのワークスペースをクラウドから利用する

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20071642


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ